不況でも驚異的成長続ける 巨大小売業「アマゾン日本」の行方

印刷

   ネット通販サイト「アマゾン(Amazon.co.jp)」の拡大が止まらない。ここ2か月間でも「文房具・オフィス用品」、「ジュエリー」、「天文」が開設され、品ぞろえは「1000万点」を超えた。すでに巨大な小売企業だ。2009年8月初旬には、西日本で初めてとなる新たな「物流拠点」を開業、配送時間の短縮化と効率化を目指す。

「地球上でもっとも豊富なセレクションを提供する」

   2009年5月27日にオープンした「文房具・オフィス用品ストア」は事務用品、オフィス家具・照明など、オープン当初で約7万8000点の商品を取り扱う。また、09年4月2日に約3万点を取り扱う「ジュエリーストア」、同24日には天体望遠鏡や日食グラスなど、天文に関する商品約1万5000点を集めた「天文ストア」を開設している。ストア内では09年7月22日に日本で観測できる「皆既日食」の特集を行っており、時事問題への対応も欠かさない。

   「アマゾン」を運営する「アマゾン・ジャパン」の広報担当者は、「Amazon」グループのグローバルビジョン、「地球上でもっとも豊富なセレクションを提供する」のもと、今後もニーズがある限り、どんなものでも取り揃えるという姿勢だ、と話している。

「現状にとどまることなくカテゴリーを増やしていきます。また、本、家電、おもちゃなど現在すでに存在するカテゴリーの商品に関しても、さらに品揃えを広げていきます」

   現在、「アマゾン」で取り扱っている商品はすでに「1000万点」を超えている。

   ただ、本家アメリカの「Amazon.com」で取り扱っている商品で、日本の「アマゾン」で取り扱っていない商品もある。例えば、「Amazon.com」では「デジタル・ダウンロード」というカテゴリーがあり、「ビデオオンデマンド」や「MP3ダウンロード」などのデジタルコンテンツ販売を行っているが、日本の「アマゾン」ではまだ取り扱っていない。担当者は、

「米国にならって扱うカテゴリーを拡大するわけではない。日本には日本の市場があり、あくまで日本で利用されている人のニーズに合わせて、品揃えを拡大していきます」

と話しており、「独自路線」を強調する。

利益率も他の小売業と比べ、抜きんでている

   物流面でも、配送時間短縮のためテコ入れを図る。「アマゾン」の物流業務を提供する「アマゾンジャパン・ロジスティクス」は09年8月初旬に、「アマゾン堺FC(仮称)」を開業する予定だ。この「FC」とは「フルフィルメントセンター」の略で、「アマゾン」の倉庫のようなもの。「アマゾン」が直接小売で扱っている商品すべてがこの「FC」に集められ、配送されている。

   アマゾン堺FCは延べ床面積6万7923平方メートルで、現在千葉県で稼動している同6万2300平方メートルの「アマゾン市川FC」、同3万4145平方メートルの「アマゾン八千代FC」を超える規模を誇る。「アマゾン」としては西日本で初めての、巨大な物流拠点が築かれる。

   これによって、関西近郊や西日本のユーザーからの注文に対して、これまでは早くて翌日配送だったものが、当日配送可能となるものも出てくるという。前出の広報担当者は、

「効率化を念頭に、商品のクオリティを保ちながら、かつ、お客様への納期を守るために、今後も最善をつくしていきます」

と話している。

   ネット通販など流通の研究を行っている日月総合研究所によると、アマゾンの売上高(推定値)は06年度が約1600億円(前年度比45.5%増)、07年度約2200億円(37.5%増)、08年度が約2600億円(18.2%増)で、伸び率は2桁成長を続けている。消費不況の08年度は総合スーパーや百貨店も軒並みマイナス成長となっている中で、驚異的な数字だ。アマゾンが完全非公開としている利益率についても、「推定では他の小売業と比べ、抜きんでている数字」と同研究所の担当者は話す。

「自前の高度な物流オペレーションが利益率を保つ理由。ジュエリーや天文グッズなど新たに取り扱う商品も、書籍より明らかに単価が高い。一品あたりの配送コストが書籍とあまり変わらないシステムを構築できれば、利益率をさらに引き上げることも可能なのでは」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中