「妥協知らず」鳩山総務相 一体どんな人物なのか

印刷

   鳩山総務相が日本郵政の西川善文社長の再任に難色を占めている問題は、解決の糸口は見えず、「閣内不一致」とも言える状態が続いている。自民党内にも「パフォーマンスがすぎる」といった批判も出ているが、本人は気にする様子もない。なぜこれほど「頑固」なのか。真意はどこにあるのか。その人となりに迫ってみた。

負けん気というか、タブー破り?

   鳩山氏の兄にあたる民主党の鳩山由紀夫氏は、2009年6月6日の演説で、

「今、永田町に2羽のハトが 麻生総理をつついているようでありまして、私は正攻法で、もう1羽の鳩は、 中から内臓をつついてしまうのではないかと…」

と、弟のことを表現した。もちろん、「中から内蔵をつついている」というのは、西川社長の続投問題のことを指す。

   こうした「頑固さ」「強硬さ」は、最近に始まったことではない。そのうちのひとつが、いわゆる「ベルトコンベヤー発言」だ。07年9月25日の、安倍内閣の法相退任会見で、死刑の執行について

「『ベルトコンベヤー』って言っちゃいけないが、『乱数表』か分からないが、客観性のある何かで、事柄が自動的に進んで行けば、(執行されるのが)『次は誰か』という議論にはならない」

と発言し、波紋を呼んだ。そのわすか1か月後の07年10月29日には、東京・有楽町の外国特派員協会で、

「あの-、私の友人の友人が、アルカイダなんですね」

と発言。会場の記者たちを仰天させた。

   これらの発言は「確信犯」だった様子だ。「ベルトコンベヤー」については、SPA!の08年12月30日・09年1月6日号で、

「法相になり、死刑を語るのはタブーという声をよく聞きましたが、話題にすることさえ敬遠する状況には挑戦してやろうと思い、ペラペラと喋った訳です。負けん気というか、タブー破りですね(苦笑)」

と、その狙いを明かし、「アルカイダ発言」については、「アサヒ芸能」08年1月24日号でのテリー伊藤さんとの対談で、「アルカイダ」とされた「友人の友人」について、

「インドネシアのチョウの標本商。ものすごく有名な人で、僕も20年ぐらい前から名前だけは知っているわけだ。それがどんどんイスラム過激派になっていって、アルカイダの協力者であるジェマア・イスラミアという組織と一体となってやっている。だから、昆虫関係の研究家で彼と友達だっていう人はいっぱいいるわけで、その人たちと私は友達だから、『友達の友達』っていうのは間違いないわけですよ」

と反発した。

「一度、『ロックオン』してしまうと、絶対曲げない人」

   これらの「頑固さ」を、どのように読み解けばいいのか。かつて鳩山氏の秘書を務めたジャーナリストの上杉隆さんは、

「発言内容、そのままですよ。背景なんてありません。記者がいろいろなことを無理に深読みしようとするから、間違うんですよ」

と話す。また、上杉さんは、09年6月11日朝のテレビ朝日系「スーパーモーニング」で、

「一度、正義感を求めて『ロックオン』してしまうと、絶対曲げない人。兄(由紀夫氏)も共通していて、一度決めたことは、選挙に落ちようが変えない」

と、「郵政問題」については、その正義感が背景にあると説明している。

   しかし、今回の「かんぽ問題」や「人事問題」では、日本郵政を執拗に攻撃するなど、「強硬度」が増しているように見える。

   だが、そんな見方に、上杉さんは否定的だ。

「変わっていくのは記者のモノの見方だけで、鳩山さんは変わっていません。『あのまんま』です」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中