スイートルーム半額ぞろぞろ 高級ホテル「値引き」過熱

印刷

   経済不況が続く中、高級ホテルの値引き競争が過熱している。海外からの客足が遠のき、日本人のサイフのヒモも硬い。そのせいで、インターネットの宿泊予約サイトでは、驚くほど安い宿泊料金が提示されている。

ホテルの客室稼動率「減少傾向」

ヨヤキュードットコム(yoyaQ.com)
ヨヤキュードットコム(yoyaQ.com)

   宿泊予約サイト「ヨヤキュードットコム(yoyaQ.com)」では、「高級ホテル」を「最大80%OFF」で提供すると掲げている。外資系の高級ホテルもある。コートヤード・バイ・マリオット東京銀座ホテルのツイン料金3万5050円が1万4800円(2人1室)と57%割引、シェラトン都ホテル東京のツイン料金3万4650円も1万円(2人1室)で71%割引と、大幅な値引きを敢行している。

   他でも「じゃらんnet」では、高級ホテルの「スイートルーム」でさえ、最大で正規料金の「半額」となるプランが打ち出されている。「高級ホテル・旅館、スイートルーム半額」のページを東京都で検索すると、港区のザ・プリンス パークタワー東京のガーデンスイートDルームは正規料金11万5000円のところ5万7000円(2人1室)、ウェスティンホテル東京・スイートダブルルームも正規17万3250円が8万円(2人1室)と破格の値付けだ。

   日本ホテル協会によると、京浜地区全体のホテル客室稼働率は、06年の78.6%から、07年が77.0%、08年が73.3%と低下傾向。だが、協会の担当者は、ネットでの値引きプランを、あくまで正規販売に向けた一時手段であると強調する。

   「お試し価格のようなもの。刺激的な宿泊プランは潜在ニーズを掘り起こすための先行投資だったり、PRの一環だったりする。各ホテル、価格とブランド力を維持するため、苦心して工夫・努力をしている」

安いからといってサービスの質は下がらない

   ただ、「ヨヤキュードットコム」を運営するカカクコムの担当者によると、同サイト内での宿泊料金「平均単価」は値下がりが進んでいる。08年までは1万8000円後半で推移していたが、09年1月に1万5000円を割り、その後2、4、5月と1万5000円割れが続いているという。以前と比較し、料金が2割近く安くなっている計算だ。

   それに対し予約件数は、1年前と比較して「倍以上」の伸びを示しているという。同じ担当者は、

「以前より価格的に魅力のある宿泊プランが確実に増えている。安いからといってサービスの質が下がるわけではないので、そうしたプランの成約率は非常に高いですね」

と話す。また、「メルマガで紹介したお得なプランはすぐに埋まってしまう」と、ユーザーも価格に敏感な反応を示しているそうだ。こうした安価なプランが続々と出ている要因については、

「訪日外国人の減少や、日本人も公私ともにサイフのヒモが硬くなっているなど、不況の影響も複合的に出ている。運営側でも『以前はこんな良い宿泊プランがこの価格で出ていなかったよね』と驚くこともあります」

と見る。今後の料金についても、

「夏休みなど行楽シーズン以外は急激に上がるとは考えづらい。ほぼ、現状で推移するのではないか」

と見通しを語っている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中