9月「5連休」予約殺到 夏休みレジャー低調

印刷

   2009年の夏休みのレジャー情勢に、異変が起きている。9月の旅行に予約が殺到しているのだ。一方、新型インフルエンザの影響で需要が落ち込んだこともあり、7~8月は低調だ。

9月の海外旅行予約数は、前年同期比67%増

夏休みの海外旅行は9月にシフトしそうだ(写真はイメージ)
夏休みの海外旅行は9月にシフトしそうだ(写真はイメージ)

   2009年の9月には、「5連休」がお目見えする。03年に、これまでは9月15日だった敬老の日が「9月の第3月曜日」になったことが、そのきっかけだ。9月19日と20日が土日で、21日が敬老の日。23日は秋分の日だ。休日に挟まれた22日も、「国民の休日」として休日になったため、5連休が登場した。9月の5連休が登場するのは初めてで、次に出現するのは15年、その次が26年の見通しだ。

    この5連休に、予約が殺到している。JTB広報室によると、9月の海外旅行の予約件数は、前年同期比67%増。HISの経営企画室でも「正確な数字を出している訳ではないが、席は取りにくくなっている。欧州まで往復した際に6万円以上かかっていた燃油サーチャージが廃止され、値頃感が増している中での5連休ですからね」と話す。

   これを裏付ける調査結果もある。日経産業地域研究所が09年5月中旬に首都圏で行った調査によると、「半年以内に海外旅行に行きたい」という人に渡航時期を聞いたところ(複数回答あり)、最も多かったのが「9月」(14%)という回答で、5月中旬~6月(12%)が続いた。

対照的に7~8月は低調

   国内旅行についてもこの傾向はあるようで、JTBが夏に旅行する時期を調査したところ、「8月のお盆」と回答した人が8%いたのに対して、「9月の5連休」との回答は8%。お盆に迫る勢いなのだ。

   9月の連休とは対照的に低調なのが、これまでは「オンシーズン」とされてきた、7~8月だ。JTBによると、現段階での7月、8月の海外旅行の予約数は、それぞれ前年同期比12%減と24%減。燃油サーチャージの値下げ・廃止で需要が上向いてきたところに、新型インフルエンザで「冷や水」を浴びせられた形だ。今後の見通しについては、HIS

「新型インフルエンザの影響はあったが、現在は復調しています」

とする一方、JTBは

「旅行をするお客様の数自体は減っていないはずで、秋にシフトしたものとみています。まだキャンセル料が発生しない時期ですし、今後、状況が動く可能性は大いにあります」

と、7~8月の「持ち直し」に期待を寄せている様子だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中