「ポスト麻生」自民総裁 候補は石原か舛添しかいない

印刷

   支持率の急落で、2009年7月の都議選に負けた場合、麻生首相の進退問題になる可能性が強まってきた。自民党幹部も、マスコミ取材にはっきりと認めたのだ。とすると、総選挙前に、またまた首のすげ替え劇が繰り返されるのか。

「首相は覚悟を決めているだろう」

   近づく総選挙について、自民党の古賀誠選対委員長は、2009年7月12日投開票の都議選とのダブル選挙を麻生太郎首相に進言した。その時の様子について、記者団から、「笑顔で聞いていたそうだが」と聞かれた麻生首相。選挙時期への明言を避け、こう場を取り繕った。

「うん、今みたいな笑顔」

   しかし、指差した顔は、心なしか、引きつっているようにも見えた。

   それもそのはず、麻生首相にとっては、進むも地獄、待つも地獄、の心境のはずだからだ。

   鳩山総務相の更迭劇は、支持率低下という形でまったくの裏目に。千葉市長選など軒並み地方選でも負けており、今解散すれば、「自殺行為」との声も強い。麻生首相とすれば、もう少し支持率回復を待ちたいところだろう。

   とはいえ、都議選後にすれば、やはり地獄を見るかもしれない。惨敗すれば、進退問題に発展する可能性が強いからだ。実際、自民党幹部が6月16日、マスコミ取材に、「首相は覚悟を決めているだろう」とその認識を示した。古賀選対委員長の進言は、その前に先手をと考えたものらしい。

   テレビのワイドショーでも6月17日、このことが話題に。テレビ朝日系のスーパーモーニングでは、コメンテーターの三反園訓さんが、古賀進言の方向なら、都議選前の7月2日に解散、8月2日投開票と予想した。しかし、都議選後なら、麻生降ろしのシナリオから、負ければ電撃辞任すると読んだ。そして、その場合の総裁候補は、石原伸晃幹事長代理か、舛添要一厚労相のどちらかだと指摘。舛添氏については、「メチャメチャやる気あるようですよ、周辺によるとね」。

小池百合子も総裁候補

   政治アナリストの伊藤惇夫さんは、総選挙は、かなり早くなるか、ずっと先送りになるかのどちらかという見方が出ていると指摘する。

「都議選に負ければ、麻生さんが首になる可能性が高いですね。そこで、都議選の前に解散しようとすると、7月3~17日までは天皇陛下がカナダをご訪問なさるので、その前にする可能性があるでしょう。8月2日投開票の線で解散になるのでは」

この点は、テレ朝の三反園さんと同様な見方を示した。

   もし先送りになって、都議選後も麻生続投なら、9月10日の任期満了ぎりぎりまで解散が伸びて、10月18日投開票も考えられているという。麻生首相が支持率回復を待つはずだからだ。

   もし、都議選惨敗で麻生首相が辞任した場合について、伊藤さんは、舛添氏か石原氏か、思い切って小池百合子氏が総裁候補になるとみる。「3代続けて国民の人気が高い人を総裁にしてきた流れなら、今度もそうするでしょう。辞任後の世論調査で、最も国民の支持が高い人になるはずです」

   都議選を乗り切れば、麻生首相で行かざるを得ないという。「これまで国民の信を問わずに4人目の新総理で行けば、たらい回しだと国民が許さないでしょう。人気者を担いでも、惨敗する可能性があります」

   いずれにせよ、総選挙では、自民党は苦戦すると伊藤さんは言う。

「あまり策はありませんが、比例で負けても、個人対個人の戦いである小選挙区で生き残る可能性はあります。粘り強く戦うしかないでしょうね」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中