世界の電動自動車、2015年には12兆円市場

印刷

   電気自動車や燃料電池車、ハイブリッドカー、電動自転車などの「電動自動車」の世界市場は、2015年に12兆1465億円となり、08年に比べて6倍に成長すると、民間調査会社の富士経済グループが予測した。2009年6月18日に発表した。

   同社がまとめた「世界電動自動車市場の全貌 2009」によると、ハイブリッドカーは「燃料電池車までのつなぎ役から環境対応車の本命となっている」と指摘。市場規模は、2010年に3兆7169億円、11年に5兆3899億円とみている。15年には12兆1465億円、1112万台に達する。市場参入者の増加と量産体制で価格が下がり、普及が加速するとしている。

   ただ、充電スタンドなどのインフラ整備が伴わないと電動自動車のさらなる普及は困難なので、政府・自治体や電力会社などのエネルギー関連分野の協力、支援による推進が課題としている。

   電動自動車には欠かせないバッテリー市場の見通しは、15年に08年比5.6倍の5000億円、4億2300個(同4.4倍)と予測している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中