東国原知事本当にやる気満々 「国を変えるために私は国政に行く」

印刷

   自民党の古賀誠選挙対策委員長から衆議院選出馬を要請され、出馬の条件に自民党総裁候補にすることを突きつけた東国原英夫宮崎県知事は、2009年6月24日の記者会見で、「この国を変えるために私は国に行く」と、まるで出馬表明のような発言をした。東国原知事が国政に移る気満々なのは間違いなく、自民が要求を蹴った場合、「民主党からの出馬もあるのではないか」と推測する専門家も出ている。

「本気だったら凄すぎる」

東国原知事
東国原知事

   6月23日に行われた宮崎県庁での古賀委員長との会談後、東国原知事は次期衆議院選挙出馬を要請されたと記者団に語った。自分が出馬する条件の一つとして挙げたのが、「私を次期総裁候補として次期衆議院選挙を戦う覚悟はありますか」だった。いつ総裁を狙うのかという質問が出て、記者から「東国原総理の下で今度の衆院選を戦う気があるのか、と(古賀委員長に)言ったのか」と問われると、「そういうことを言わせて頂きました」と答えた。

   自民党議員はこの発言に反発。松波健四郎議員は苦々しい顔で「東国原君、顔を洗ってくれたまえ」。笹川尭総務会長は「あほらしい…のぼせないほうがいいよ」、大島理森国会対策委員長は「国政での努力、経験、見識を踏まえて発言すべき」と批判が相次いだ。橋下徹大阪府知事は、「本当に言ったんですか?シャレでしょ」「断る理由で言ったんじゃないですか?度胸ありますね。本気だったら凄すぎる」などと記者団に話していた。

   そんな東国原知事、翌日の会見では、まるで「出馬表明」と疑われても仕方のないような話しぶりだった。自分の発言に対しバッシングのようなものがあったが、自分は真面目に真剣に言ったことだと強調。記者から、出馬するとすれば宮崎県民にどう説明するのかを問われると、「条件が揃えば」と前置きした上で、

「国の統治システムを変えなければ地方の再生はない。今のままではダメ。思い切って宮崎のために、宮崎を含めた地方のために、この国を変えるために私は国に行くと県民の皆さんには言わせて頂きたい」

   と熱く語った。

   この日の情報番組は、朝から東国原知事の衆議院選出馬についての話題で持ちきりだった。ABC放送の「おはようコール ABC」で、作家の若一 光司さんは、東国原知事が国政に関心があるのは間違いない、としてこう語った。

総理がダメでも、閣僚を狙っている?

   08年10月に中山成彬前国土交通相が衆院選不出馬を表明した際、自民党から出馬を打診されその気になったのだという。しかし、県民の批判で出馬はあきらめたが、実はその時、大臣の椅子を要求したと聞いていると、話した。国会議員1年生では影響力が持てないため、ある程度の地位が欲しい。今回の東国原知事の狙いは、最初に総理総裁の地位を要求し、下がっても大臣、もしくは閣僚と「高止まり」を狙っている可能性がある、とも解説した。

   よみうりテレビ系情報番組「情報ライブ ミヤネ屋」では、森本敏拓殖大学大学院教授が、「東国原知事が話している事は正論」としたうえで、どうしても国政で自分の政策を実現したいなら、

「自民党が(東国原知事の要求を)蹴っ飛ばしたら、自民党を蹴飛ばして民主党で出る、という方法もある」

   と、話した。

   テレビ番組の街角アンケートなどでは東国原知事が総裁にふさわしい、という声が多い。もっとも反発も強い。

   「ヤフー!リサーチ」は、「東国原氏は自民党総裁にふさわしい?」というアンケートを09年6月23日から実施。6月24日午後6時30分の時点で、67638 の投票があり、「ふさわしい」が30%、「ふさわしくない」62%、「その他」10%になっている。コメントには、

「今までの歴代総理に比べても、これからの期待度でも東国原氏が相応しいとは思うが、自民党にこだわる必要があるのでしょうかね?」
「1期も終わらないうちの鞍替えはおかしい。宮崎県民を馬鹿にしている」
「既存の政治家のようなしがらみがない分、国民全体の幸福に寄与できると思います」
「自民党もなかなかどうして。現閣僚のハゲを担ぐのかと思ったら、こっちのハゲだったとは」

   などが書き込まれている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中