住友信託、規模拡大に意欲 日興アセット買収で最終調整

印刷

   住友信託銀行グループの拡大路線が注目されている。米シティグループ傘下の日興アセットマネジメントを買収する見通しだが、三菱UFJ信託銀行との合併が決裂した日興シティ信託銀行についても買収意欲をみせているとの観測がある。「メガ信託」を標榜する同社だが、新生銀行とあおぞら銀行が合併調整を進めるなど大手銀行が規模拡大を図るなかで、「規模で遅れをとりたくない」との危機感が募っている。

投信運用10兆円で大手に食い込む

   日興アセットの売却先が、1000億円超の買収金額で住友信託グループに決まる見通しだ。日興アセットの売却をめぐっては、住友信託のほか、保険グループのT&Dホールディングスや野村ホールディングス、米大手信託のバンク・オブ・ニューヨーク・メロンなどが有力候補とされたが、米シティグループは最高額を付けた同社を最終候補に絞り込んだようだ。

   日興アセットの運用資産残高は約8兆8000億円で、60人のファンドマネジャーを抱える国内第3位(09年3月末現在)。一方、住友信託グループの投信運用会社、住信アセットマネジメントの運用資産は約1兆2000億円。日興アセットが加われば、運用資産は10兆円規模に膨らみ、野村セットマネジメントや大和証券投資信託委託ら大手の一角に食い込む。運用ノウハウや存在感を高めることができ、管理コストなどを削減できる。

   また、年金運用などを含む住友信託グループ全体の運用資産残高は約35兆円となり、国内最大規模になる。資産運用業務を強化して、本業の信託業務との相乗効果が狙える。

   日興アセットの買収について住友信託は2009年6月29日、J-CASTニュースに対して、「個別案件なのでコメントは差し控えさせていただきたい」と話した。

日興シティ信託にも買収意欲?

   米シティグループによる日本事業の「切り売り」は、日興コーディアル証券などが三井住友フィナンシャルグループ(FG)に、日興アセットが住友信託に落ち着きそうなことで、日興シティ信託銀行のゆくえが気になるところ。

   日興シティ信託は09年4月に、三菱UFJ信託銀行への売却が決まっていたが、日興コーディアル証券の買収が三井住友FGに決まったことから、「相乗効果が見込めない」と三菱UFJ信託がこれを白紙撤回した。

   その日興シティ信託の買収に、住友信託が意欲的とされる。米シティグループが売却を急ぎたい事情もあり、「まとめ買い」して規模拡大を図る。

   ある銀行関係者は「住信にとって日興アセットの買収は勝負どころではなかったのか。それが(買収金額が)高めの提示になったのだろうし、当然、信託の買収も視野に入っているはず」と推察する。

   2009年3月期決算ではメガバンクが最終赤字に苦しむなかで、りそなホールディングスとともに黒字を確保。健全性、堅実経営を誇示したものの、規模格差は歴然としている。業務提携を結んで、一時合併が取りざたされたあおぞら銀行が新生銀行との合併で最終調整していることもあって、「尻に火がついた」形だ。

 
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中