ジャクソンさん負債5億ドル それでも「遺産」が残る?

印刷

   米人気歌手のマイケル・ジャクソンさんの急死をめぐり、米メディアの関心はその巨額の遺産に集まっている。ただ、裁判費用などで多額の負債を負っているともされる。株式などの財産と借金を足し引きすると、結局のところ、残されるのは借金なのだろうか。それとも、遺産なのだろうか。

児童虐待疑惑をめぐる裁判費用がかさむ

   急死から3日経ち、米メディアの関心は「ジャクソンさんが残したもの」に移りつつある。ジャクソンさんをめぐっては、児童虐待疑惑をめぐる裁判費用がかさんだことなどから、多額の負債を抱えていることで知られている。例えばウォール・ストリート・ジャーナルでは、「負債総額は5億ドル(約497億円)」とされている。負債の原因としては、裁判費用以外にも、高級絵画の購入、プライベートジェットの使用などがあるとされている。特に、ジャクソン氏がロサンゼルス郊外に建設した「ネバーランド」は、建設費用以外にも、維持費が年に数百万ドルかかるとみられている。

   さらに、これに追い打ちをかけそうなのが、09年夏にロンドンで予定されていた公演がキャンセルになったことだ。ニューヨーク・タイムズ紙が09年6月27日に報じたところによると、公演を企画していたAEGライブ社は、すでに2000万ドルを投資。さらに、チケットの払い戻し額は、8000万ドルに達する見通しだ。このコンサートには保険がかけられているが、保険金が支払われるかどうかは、司法解剖後の薬物検査の結果次第だという。

   一方、ジャクソンさんが残した遺産の額も膨大だとみられる。ジャクソンさんはこれまでに7億5000万枚以上のレコード・CDを売り上げており、前出のニューヨーク・タイムズによると、1980年代から通算すると7億ドルを手にしたとされる。ただし、そのほとんどは残っていないとみられる。

最も額が大きいのは株式で総額5億ドル?

   ジャクソンさんの遺産で最も額が大きいとみられるのが、株式だ。ジャクソンさんは、ビートルズの楽曲200曲以上の版権を管理している「ソニーATVミュージックパブリッシング」株の50%を保有しており、その額は5億ドルにのぼるとみられる。この株式を担保に3億ドルの融資を受けているとされるが、その分を差し引いたとしても、2億ドルは手元に残る計算だ。

   これ以外にもプラスの材料はある。ジャクソンさんの急死でCDの売り上げが伸びることが確実視されているほか、これまでの作品の印税が年に3000万ドル程度見込めるとみられている。さらに、ニューヨークのデイリー・ニューズ紙によると、未発表曲が100曲ほど存在するという。また、同紙によると、ジャクソンさんが死去する前日に行ったリハーサルの様子がハイビジョン画質で収録されているといい、DVDで発売される可能性も浮上している。

   このように、ジャクソンさんが残した遺産や負債の仕組みは非常に複雑で、前出のニューヨーク・タイムズによると、全容の解明には数年かかる見通しだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中