マイケルの子供に出生の秘密 本当の父は別にいる!

印刷

   米人気歌手のマイケル・ジャクソンさんの急死を受け、米メディアの注目は、巨額の遺産がどう相続されるかに移りつつある。親族が、3人の子どもの親権をめぐって争いを始めた上、「子どもは提供者(ドナー)の精子を使ってできた。マイケルは生物学的な父親にはあたらない」との報道も出ているのだ。親権や遺産相続をめぐる争いは、混迷の度を深めつつある。

「2人の子どもはドナーの精子を使ってできた」

   ジャクソンさんには、1996年に再婚した元看護師のデボラ・ロウさん=99年に離婚=との間に長男のプリンス・マイケル君(12)、長女のパリス・キャサリンさん(11)、代理母出産で生まれた次男のプリンス・マイケル2世君(7)の3人の子どもがいるとされる。

   3人の子どもをめぐっては、ジャクソンさんは2003年のインタビューで、次男については「代理母と自分の精子」で生まれたことを明らかにする一方、長男と長女については「自分の精子から生まれた。みんな自分の子どもだ」などと話していた。だが、子どもの肌・髪・目の色などから、親子関係に関する疑念が投げかけられてきた。

   そんな中、「ジャクソンさんは、生物学的には父親にはあたらない」「長男と長女は、ロウさんの子どもではない」などと報じられ、波紋が広がっているのだ。

   まず、ロウさんが英ニューズ・オブ・ザ・ワールド紙のインタビューに応じ、

「2人の子どもはドナーの精子を使ってできた。マイケルは子どもの生物学的な父親ではない」

と暴露。ジャクソンさんの過去の言い分が覆された形で、波紋が広がった。これに追い打ちをかける形になったのが、芸能ニュース専門サイト「TMZ」の記事だ。同サイトは、ジャクソンさんの急死をいち早く報じたことでも知られる。

元妻の卵子も使用されていない?

   同サイトが09年6月30日に報じた内容によると、3人の子どもは、いずれも体外受精で誕生しており、「ロウさんは単なる代理母」なのだという。

「(3人の)誕生に深くかかわっている複数の情報源によると、ジャクソンさんは、いずれの子どもについても、精子の提供者ではない。ロウさんの卵子は使用されていない。ロウさんは単なる代理母で、長男と長女の誕生にあたっては、(ロウさんが提供した)サービスに対して相当額の報酬が支払われた」

   さらに同サイトでは、代理母から生まれたことが公表されている次男について、

「代理母は、誰が子どもを受け取るのかを知らされていなかった。次男が生まれた3日後、ジャクソンさんの弁護士が病院に来て、次男をジャクソンさんのもとに連れて行った」

とも報じている。

   一方、ロウさんの弁護士は、6月30日、「ロウさんは、長男と長女の生物学的な母親だ」と主張、報道を否定するなど混迷を深めている。

   現段階でも、親権や遺産をめぐってロウさんとジャクソン家との綱引きが続いているとされ、TMZの報道が正しければ、両者の争いに影響を及ぼすのは必至だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中