ブログ一日231回更新 しょこたん、矢口真里に対抗?

印刷

   ブログ101回更新の記録に挑戦していた矢口真里さん(26)。一日の最多更新数は、ブログの女王として知られるしょこたんこと、中川翔子さん(24)の100回と言われており、それを上回る企画のはずだった。が、同じ日に中川さんがブログ231回を更新、矢口さんの新記録を阻んでしまった。

「何歳までブログやるかな?死ぬまでやるつもり」

   矢口さんが一日のブログ更新を101回すると宣言したのは2009年6月30日。午前0時に開始し、午後23時58分には無事101回に到達した。途中、記者会見の仕事があったり、たび重なる「ネタ不足」に悩まされたりで、夜9時過ぎの72回目のエントリーでは「まじで間に合わない」とこぼしてもいた。

   そんな中、矢口さんは101回の記録達成に、「とにかくやりきりました」「きつかったけど、色んな事を感じる事ができて本当にやって良かったと思っています」。日付が変わって最初のエントリーでは、今回の挑戦にはファンのみなに支えられたことを感謝。コメントはこれからじっくり読みたいとして、チャレンジに終止符を打った。

   矢口さんはこれで、晴れて芸能人ブログ最多更新記録を達成……かと思いきや、実は、偶然か必然か、ブログの女王で知られる中川翔子さんが同じ日に、231回のブログを更新していた。6月30日の午前0時38分から始まったブログの更新は、午前6時48分までに74本をアップ。中川さんはその後、午後4時5分には100本目に到達。2分後の午後4時7分には101本目を、その3分後の午後4時10分には102本目を公開した。

   そうして、怒濤の更新は、勢いがおとろえることなく続いたのだった。7月1日に入ってから更新した記事では、231回の更新に「生きた証はもっともっと濃く毎日を貪欲に生きたいお」と、さらなる意欲を示していた。ちなみに、180回目に更新した記事では、「何歳までブログやるかな?死ぬまでやるつもり」とも書いており、いわばライフワークとしてのブログがこれからも続いていくようだ。

   もっとも、こうした2人のブログ更新に、ネット掲示板「2ちゃんねる」などでは、チャレンジを事前に表明していた矢口さんに対して、対抗心を燃やすかのように更新頻度が増した中川さんが、記録阻止を狙っているのでは、ともみられていた。書き込みには「しょこたん よく やった」「中川おもしろいなw」「こういう意地、嫌いじゃないぜwwww」などとあった。

ブログに載せ切れてない写メが700枚以上あった

   とはいえ、中川さんが更新を連発したのには、理由があるようだ。それは前日の2009年6月29日、中川さんが携帯電話の機種を変えたことによる。同じ日の午後1時頃に更新した記事によると、「いよいよSH06Aを買うつもりだよ」と買い換えを宣言。つづいて、「06Aにしたいが今の903にもまだブログに載せ切れてない写メが700枚以上」「たくさん更新しなきゃああああお!!」と書かれている。

   また別の記事では、「操作に慣れるために新しい06Aで試し撮りしてうp(編注:アップ)しまくってみる」というのだ。新機種でのカメラの試し撮りと、旧携帯電話に保存されていた写真をアップするために、怒濤の更新となったというわけだ。実際、途中途中で、「903の本体写メ順調に減ってきた」とか「903の在庫写メセールまだまだおわらんお」「全く減る気配がない903本体の画像たちよ…」などともらしていた。

   結局のところ、矢口さんへの対抗心があったかどうかは謎だ。ただ、ちょうど6月30日の深夜には、アニメ「エヴァンゲリオン」の再放送があった。エヴァ好きで知られる中川さんだけに、ブログにはその感想がリアルタイムで書き込まれている。明け方近くまで起きていたのも、そうしたことが関係しているのかもしれない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中