タクシー、1日の平均売り上げ4万円切る 5月の東京、27年ぶり

印刷

   東京地区(23区と武蔵野市、三鷹市)を走るタクシーの1日1台あたりの平均売上高(運送収入)が、2009年5月に4万円を切って3万8243円になったと、関東運輸局が明らかにした。前年同月と比べて17.7%減少。4万円を切ったのは、第2次オイルショック後の1981年9月(3万9515円)以来、27年8か月ぶり。

   関東運輸局によると、景気悪化で企業の経費節減と個人の節約志向が広がり、利用が大きく減った。

   都内では多摩地区も前年同月比12.2%減の3万7016円となり、4万円を切っている。

   タクシーをめぐっては車両の供給過多が深刻で、仙台市などでは緊急調整地域の指定を受け、新規参入や増車制限を受けている。運賃の値上げも認可まで時間がかかるなど、売上げアップはなかなかむずかしい。関東運輸局は「車両が減れば、いくらか改善される可能性がある」とみている。

   6月19日にはタクシー事業への規制を強化する特別措置法が参院で成立した。国土交通省が指定したタクシーの供給過剰地域では、新規参入制限や割安な運賃は認可されにくくなる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中