投資家に人気の海外ETF 「金銭信託型」も登場

印刷

   東京証券取引所が上場投資信託(ETF)の上場制度に、新たに「金銭信託型ETF」を導入した。これで、国内で組成する海外ETFが増えそうだ。海外市場に上場する商品デリバティブを組み込んだETFや外国の株価指数に連動するETFなど海外の多様なETFが東証に上場することで、個人投資家は投資商品の選択肢が広がり、また円建てで取引できて買いやすくなる。海外ETFの増加は、なにをもたらすのだろうか。

海外ETFの組成「現物」から「現金」

   ETFはこれまで、機関投資家が運用会社に拠出する株券や債券の有価証券などの「現物」を持ち込んで作ってきた。ETFの「現物主義」といわれるもので、海外ETFも例外ではなかった。たとえば、インドやブラジルなどの海外株式は現物の株券を入手するため、とにかくコストと手間がかかった。

   東証が2009年7月1日に解禁した「金銭信託型ETF」は、機関投資家が「現物」を用意する必要がなくなり、代わって「現金」を信託すればいいので、ETFを組成しやすくなる。

   東証は「商品デリバティブのETFも法律的には組成できたのですが、コストなどの問題から設定しにくかった」と説明する。

   海外ETFとは一般的に、海外で組まれて、取引所に上場された上場投資信託をいう。しかし、金銭信託型ETFが整備されたことで、外国の株式や債券、原油、穀物など、さまざまな価格や指数を使った、「国内で組成される」海外ETFが増えそうだ。

   じつは、海外ETFはこれまでも、野村証券や日興コーディアル証券、楽天証券などの一部の証券会社では、海外市場に取り次ぐかたちで買うことができた。ただ、国内で売り出してはいるものの、外国株式を購入するのと同じように、為替変動リスクが生じる。

   ETFは信託報酬が1%未満に低く抑えられているのが魅力だが、海外ETFの場合は売買手数料のほかに、外国為替手数料がかかる。売買手数料の中に為替手数料分の上乗せしている証券会社もあって、国内ETFよりも割高だ。

「金銭信託型ETFは今後の品揃えには欠かせない」

   とはいえ、海外ETFの売れ行きは好調。楽天証券は、「リーマン・ショック以降、インデックス投資への注目が高まった。個別の銘柄に投資するのは倒産リスクなどを考えると躊躇するが、ETFであれば銘柄の入れ替えもあるし、そのリスクを抑えられる。かなりの勢いにある」と強気だ。

   海外ETFの担当者は「日本には、米ダウ工業株30種平均に連動する『DIAMONDS(ダイアモンズ)』や、スタンダード&プアーズ(S&P)500種指数に連動する『S&P500』のような海外ETFの本流ともいえる商品がないんです」とこぼす。

   こうした商品は、国内ETFのTOPIXや日経225株式に連動するETFと同じように、価格情報が入手しやすいし、なじみがある指数なので売買しやすい。海外ETFは投資初心者には敷居が高いイメージがあるが、身近に感じられるようにもなる。「金銭信託型ETFは今後の品揃えには欠かせない。活発な売買も期待できる」と話す。

   最近は米国でも、中国A株やインド株などの「現物」に投資できない個人投資家に海外ETFは人気だという。また、「中長期的な投資に適している」とされる海外ETFだが、「米国の投資家のうち、約30%が短期でも売買している」など、投資方法にも変化が現れてきているという。

   海外ETFの増加によって、日本でもそんな投資の仕方が増えるのかもしれない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中