マンホールの隙間にスズメ 「どうしてこうなった」?

印刷

   マンホールのすきまに入り込んでしまい、頭だけチョコンと飛び出たスズメ。そんな不思議な画像が2009年7月初めからネットで話題になっている。「かわいい」「どうしてこうなったのか不思議だ」といったコメントが寄せられている。

世田谷区「すぐやる課」が救出

「なにこれw」と話題の画像(提供:世田谷区)
「なにこれw」と話題の画像(提供:世田谷区)

   この画像はそもそも07年12月、世田谷区役所HP内にある、「すぐやる課」の活動をまとめたページに掲載されたものだ。「相談したいことがあるけれど、どこに聞いたらよいか分からない」という区民の要望や相談に応えるため、03年に新設された。「区民の身近な窓口」として幅広い業務を行っている。

   07年10月のことだった。同課に「マンホールの中にいるスズメを助けて欲しい」という要望が寄せられた。職員が現場にいくと、マンホールのフタから顔だけ出したスズメの姿があった。画像はこのとき撮影された。

   まず職員は東京都の鳥獣保護担当者に相談した。すると、「どこからか入ってきたのですから、そこから出て行くはずです」。しかし、だんだんスズメは衰弱していく。結局、下水道局に応援を依頼、重いフタを持ち上げて開けてもらった。スズメは何事もなかったかのように、近くの神社の森に飛んでいったという。活動報告の最後には、

「すぐやる課は、皆さんの笑顔に見送られながら、清々しい気分でその場を後にしました」

と綴られている。

「車にひかれる可能性が高いため、救出に努めました」

   この画像は、救出劇があった2年後の09年7月初めくらいから突然、ネットに貼り出された。画像元のすぐやる課のHPには7月7日現在で600件以上のはてなブックマークが付いている。身動きできずに助けを待つスズメの姿が「かわいい」などのコメントのほか、

「なんでこんなところに」
「どうしてこうなった」

といったものが数多く寄せられ、多くの人の関心を惹きつけているようだ。

   すぐやる課担当者によると、同課には放置自転車や騒音などのほか、動物絡みの相談も数多く寄せられるとのこと。08年はカラスに関する相談件数だけで328件。そのうち138件は実際に職員が出動した。また、「ヘビが家の中にいる。何とかしてくれ」という相談もあったという。だが、このスズメに関しては

「現場に着いたらそうなっていたというだけで、どうしてそうなったかは分かりません」

   マンホールに動物が入り込んだという相談は他にないという。東京都の鳥獣保護担当者も、

「もしマンホールのフタが工事で開いていたとしても、通常近くに人がいるので動物が近寄ることはありません」

と話しており、どうやら相当珍しいケースのようだ。

   また、すぐやる課では、野生のハトなどペットではない動物を「助けてあげて」という要望が寄せられても、自然のことなので、そのまま様子を見守ることが多いという。このスズメに関しては

「『何とか助けてあげたい』という相談者の気持ちを汲み取り、また、車にひかれる可能性が高いため、スズメの救出に努めました」(すぐやる課HP)

とのことだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中