09年上期の首都圏マンション発売26%減 「大量供給時代の終焉」

印刷

   2009年上期(1-6月期)の首都圏マンションの新規供給(発売)戸数は、前年同期比26.0%減の1万5898戸になり、前年実績を5年連続で下回った。不動産経済研究所が7月14日に発表した。

   マンションの売れ行きを示す契約率は上期平均68.6%だった。前年同期比で4.7ポイント上昇したが、好不調の目安となる70%を下回ったままだった。

   供給戸数は、首都圏の全エリアで減少。東京都区部以外は2ケタの落ち込みとなった。また、平均価格は1戸あたり4481万円、1平方メートルあたりで63.1万円となったが、ともにダウンした。

   不動産経済研究所は、下期も市場環境の好転が見込めず、09年の供給戸数を3万5000戸と予測。4万戸を割り込むのは1992年(2万6248戸)以来17年ぶりとなり、「マンション大量供給時代は完全に終焉した」としている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中