たむけんブログ突然閉鎖 募金活動が関連?

印刷

   お笑い芸人のたむらけんじさん(36)が突然、ブログ閉鎖を発表した。なんの前触れもなかったことや削除された記事があることなどから、ネット上ではさまざまな憶測を呼んでいる。いったい何があったのか。

「僕のうぬぼれた気持ちでした」

   たむらさんがブログの閉鎖を発表したのは2009年7月17日。「今までありがとうございました」と題して、記事を更新した。それによると、「自分勝手ですいません」と詫びた上で、「本当にありがとうございました」とファンに感謝。たむらさんのブログは、ブログサイト「ラフブロ」内のアクセスランキングでも、常時トップ10入りする人気だった。

   実際、先日も「炭火焼肉たむら」の食い逃げの件がブログで報告され、話題になったばかり。その後は京セラドームで観戦したプロ野球、オリックス×ロッテ戦の様子を報告しており、閉鎖は突然だったといえる。ただ、閉鎖を発表した記事中には、「こんなクソブログでも微力ながらも世のため人のためになると思ってしまいました。それは僕のうぬぼれた気持ちでした」とも書かれている。

   これはどういう意味なのだろうか。実はたむらさんは7月15日、「僕がいつもお世話になっている方」からメールが来たとして、心臓病を患っている子どもへの寄付に関する記述をした。心臓移植のための募金を呼びかける内容で、現在2000万円が足りないというのだ。現在該当の記事は削除されている。

   くわえて、この件は、たむらさんに呼応するかたちで芸人仲間にも波及し、「品川庄司」庄司智春さん、「ライセンス」藤原一裕さん、「オリエンタルラジオ」藤森慎吾さんらも同じくブログの話題にした。が、いずれの記事も削除されている。

「批判メールがバンバン来たとかそういうことか?」

   ネット上では「何があったのか全くわからんw」「コメント欄がないからいきさつが分からんなぁ」をはじめとして、募金を呼びかける記事に対して「批判メールがバンバン来たとかそういうことか?」「ネットイナゴにやられたか」「具体的な金書いたから?」と募金にまつわる「何か」がブログ閉鎖につながったのではという見方や、「なんかの圧力か?」などと憶測されている。

   もっとも、「別に問題になる内容じゃないと思うが」「なんなのこれ?余程のタブーなのか?」「よく分からんけどたむけんはホントにいい人なんだろうと思うよ」といった書き込みもある。

   そこで、ブログ閉鎖に関して、たむらさんの所属事務所・吉本興業に問い合わせてみたが、担当者不在とのことだった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中