阿波踊りPR「アニメポスター」盗難品? ヤフオクで9万3000円落札

印刷

   毎年夏に開催される徳島の一大イベント、阿波踊りをPRするため、徳島市観光協会がアニメキャラクターを大きく使用したポスターを制作した。ところが、ネットオークションに出品され、中には9万円以上の高値で落札されるものもあった。盗まれた可能性もあり、観光協会も「想定外」の事態に困惑している。

以前も「盗難」に遭った人気アニメ

盗難にあっているポスター (C)奈須きのこ/講談社・アニプレックス・ノーツ・ufotable
盗難にあっているポスター (C)奈須きのこ/講談社・アニプレックス・ノーツ・ufotable

   「美―、徳島阿波おどり」という文字と共に、アニメ柄の浴衣姿の女性キャラクターが大きくあしらわれたポスター。徳島市観光協会が2009年8月12日から15日にかけて同市内で開催される阿波踊りをPRするために制作した。市では毎年、通常の写真ポスターを作成しているが、09年度は若者にもPRするため、協会が独自にアニメポスターを企画した。

   キャラクターはアニメ映画「空(から)の境界」に登場する人物。市内にスタジオを持つアニメ制作会社・ユーフォーテーブルがデザインした。「空の境界」は同人小説を原作とした作品で、07年からアニメ化。08年には、展示会で、ショーケースに入っていた原画が盗まれる被害にあっている。

   ポスターは600枚プリントし、6月下旬から商店街やJR四国の主要駅などに配った。観光協会によると、これまでに確認されている盗難枚数は4枚。いずれも公園に貼ってあったものだという。

裏側に汚れがあり、はがしたもの?

   現在までに確認できた限りでは、2枚がヤフーオークションに出品されている。どちらも開始時の価格は数千円だったが、1枚は9日に8万3000円で落札され、もう1枚は14日に9万3000円で落札された。両方とも商品発送元が徳島県になっているので、県内の誰かが出品していると見られる。

   協会は、出品されているものが盗まれたものなのか、関係者が流出させたものかは分からないとしている。だが、オークションの商品説明書きには「新品ですが、もとから角にシワがありました。裏側にもよく見ないと判らないくらいの汚れは有ります」とあり、担当者は

「裏側が汚れているということは、貼ってあったものを盗んだということかも知れません。話題になるのは嬉しいですが、このような事態になるとは思っていませんでした。問題ですね」

と話している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中