「自民党が分裂したら面白い」 ホリエモン、総選挙にコメント

印刷

   ホリエモンこと、元ライブドア社長の堀江貴文さんが2009年7月21日、東京都内で開かれたサイン会に登場し、総選挙についてコメントした。前回総選挙に自民党の支援を受けて出馬した経験をもつ堀江さんは「自民党が分裂したら面白いんですけどねぇ」と独自の見方を披露した。

「日本にはドラスティックな改革が必要」

「若い人の意見にぴったりフィットする政党がない」という堀江さん
「若い人の意見にぴったりフィットする政党がない」という堀江さん

   7月10日発売の『新・資本論 僕はお金の正体がわかった』(宝島社新書)の出版を記念して、東京・有楽町の三省堂書店でサイン会が開催された。水色のTシャツに穴あきジーンズというラフなスタイル。衆院解散の直後ということで、報道陣から「今回の選挙をどうみるか」と質問されると、

「自民党が分裂して、なにか新党ができれば面白いんですけどねえ(笑)」

と期待を述べた。前回総選挙では小泉純一郎元首相の改革路線に共感して出馬しただけに、小泉改革に批判的な現在の世論には同調したくないようだ。

「いまの世の中の流れとして、格差社会がだめだとか、郵政民営化が失敗だったとかいう声が大きいけど、絶対そんなことはない。これからの日本では、なんらかのドラスティックな改革は必要だ」

と改革の必要性を強調した。

「今回は出馬しない」

   そのうえで、

「自民も民主も高齢者優遇の政策になっているが、20代、30代からしたら、高齢者のことばかり考えられても困る」

と既存政党の姿勢を批判。もし若者の意見を代弁する新党が出てくれば、一定数の支持を得られるのではないかと話した。ブログなどで政策に関する発言も目立つ堀江さんだが、「再び出馬というのはないですか?」と聞かれると、

「今回はやらないですね」

と即座に否定していた。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中