「チンパンジー」言った?言わない? Jリーグで差別発言騒動

印刷

   ブラジル出身のJリーグ選手が、「試合で日本の選手からポルトガル語でチンパンジーと差別発言された」と明かした。ことを重く見たJリーグは選手から事情聴取をするとともに両チームに報告書の提出を求めた。日本選手は「言っていないしポルトガル語も知らない」と否定している。「チンパンジー」や「猿」という発言は人種差別にあたるのだという。

「審判」と言ったのを聞き間違った可能性も

   2009年7月22日に「味の素スタジアム」で行われたJ2第29節、東京ヴェルディVSヴァンフォーレ甲府の試合が騒動のきっかけ。1対1で迎えた後半ロスタイムに甲府の大西容平選手がヘッドで合わせ、劇的な勝利になった。試合終了のホイッスルが鳴った直後、東京のレアンドロ選手が審判に対し、終了には早すぎると抗議した。かなりの興奮状態だったため、審判はレアンドロ選手にイエローカードを出した。その際、甲府の杉山新選手がポルトガル語でレアンドロ選手に「チンパンジー」と言ったのだという。

   甲府の広報によれば、杉山選手は「チンパンジー」などと言った覚えはなく、「チンパンジー」のポルトガル語表現すら知らないという。「審判」と言ったのを聞き間違えた可能性もあり、

「レアンドロ選手はかなりの興奮状態にあったため、そのとばっちりを受けたという感じだ。試合後の事情聴取でもそう説明しています。レアンドロ選手は聴取を受けずに帰ってしまいました」

と説明する。

   東京は試合後、責任者のマッチコミッショナーに対し、レアンドロ選手が受けた差別発言を報告した。東京の広報によれば、この言葉を相手に発することはタブーで、外国の試合で実際に発言したことが分かると「もの凄い事」になってしまうという。Jリーグを取り仕切る日本プロサッカーリーグは、両チームから事情聴取している最中で、この発言が事実なのかどうか、事実ならばどんな処分を下すのか検討中だとしている。

チンパンジーがらみで過去にも様々な批判が

   人間を「チンパンジー」などと呼ぶことは、黒人差別の歴史に大きく関係しているという。これに絡んで、様々な「事件」が起こっており、09年2月18日付けの米紙ニューヨーク・ポストが、オバマ大統領をチンパンジーになぞらえたと解釈できる風刺漫画を掲載。黒人市民運動家などから抗議を受けて同紙は謝罪した。前大統領のジョージ・ブッシュもチンパンジーと揶揄されネット上にも大量の風刺画が出たが、「お笑い」で済まされたのとは対照的だ。日本でも2005年、化粧品製造販売「マンダム」のCMが「差別にあたる」と人権団体の指摘を受け、テレビ放映と雑誌広告を中止した。チンパンジーが黒人のまねをしているというのが問題視された。08年6月には、「イー・モバイル」CMに登場した背広姿のサルが問題になった。当時のオバマ上院議員をサルに見立てていると批判され、CMは中止になった。日本在住の黒人らが「黒人差別の歴史を理解していない」などと抗議したためという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中