新型プリウス、売れすぎて困った 「エコカー補助金」もらえない?

印刷

   トヨタの新型プリウスに注文が殺到している。最大25万円の「エコカー補助金」も人気を後押ししているが、売れすぎたゆえの問題も発生している。今から注文しても、補助金の対象期限までに納車が間に合わない可能性が出てきたのだ。

休日稼働しても間に合わない

注文が殺到している新型プリウス
注文が殺到している新型プリウス

   2009年5月に発売された新型プリウスの売れ行きが好調だ。6月の販売台数は2万2000台で、低価格の軽自動車を抑えてランキング首位にたった。世界でも最高水準の燃費や、最も安いモデルの価格が従来モデルよりも約30万円下がったことが話題となり、5月に発売されて以来、約2か月で23万台以上を受注している。

   だが7月17日、トヨタは同月15日以降に注文があった分について、工場出荷が3月下旬以降になる見通しだと発表した。当初想定していたよりも多くの注文があったためだ。現在国内2つの工場で、休日も稼働してフル生産体制をとり、月5万台のペースで生産しているが、それでも間に合わないという。

   ここで1つの懸念が出ている。新型プリウスの後押しをしていたのが、政府が行ってきた補助金制度だ。政府は緊急経済対策として、09年4月10日から10年3月末までの期間に、一定の環境基準を満たしたエコカーを新車登録した人に対し、最大で25万円の補助金を交付している。工場出荷が遅れると期限に間に合わず、補助金を受けられない可能性があるのだ。

「困ってますね」

   プリウスを販売する東京トヨペットの広報担当者はそう話す。顧客には補助金が受けられない可能性があることを説明しているが、それでもプリウスを欲しがる顧客は絶えない。

「今後は他の車種も提案しながら販売していこうと思います。補助金の対象となっているのはプリウスだけではございませんので」

と話している。

経済産業省「延長考えてない」

   経済産業省はトヨタに対し、出荷が遅れている事態を解消するよう要請しているが、トヨタも急には生産ラインを増やせないのが現状だ。今後は政府に対して補助金対象期間の延長を求める声も上がりそうだが、同省担当者は

「今年度の予算の対象は、今年度に売買されたものに対して使われるというのが基本。延長は考えておりません。トヨタにはメーカーとしてきちんとした対応をしていただければと思います。これだけ多くの人を待たせているというのは異常です」

と話す。プリウス1車種の出荷が遅れているからといって、延長することはないとのことだ。ちなみに、8月の総選挙で政権交代を狙う民主党は、

「個別の件に関しては政権をとってから検討しますが、民主党はこれまでも低燃費の環境車への買い換えを促進してきたという経緯がありますので、そうしたスタンスでの対応になると思います」(民主党政策調査会)

と話している。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中