フル充電に14時間  電気自動車普及への険しい道のり

印刷

   三菱自動車の電気自動車、i-MiEV(アイ・ミーブ)の一般消費者向け予約受付が2009年7月31日からはじまる。エコカー減税の効果もあって、電気自動車は俄然注目され始めた。「家庭用コンセントにつなぐだけで走る」というのが売り物だが、早くも使い勝手の悪さが指摘されはじめている。

家庭用コンセントを使えるのが「アイ・ミーブ」のよさ

   三菱自動車のEVカー「アイ・ミーブ」は、2009年7月23日から企業向け販売分の納車がはじまった。三菱自動車によると、この日は約50台を納車。09年度に予定している1400台は、東京電力や中部電力、日本郵便、ローソン、神奈川県などが購入を決めており、完売している。

   家庭用コンセントにつなぐだけで充電できて、1回の充電で最長160キロメートルまで走れる。「究極のエコカー」という触れ込みだ。ガソリンスタンドなどに電気自動車用の急速充電器の設置が進めば、長距離走行も可能だ。

   車両本体価格は459万9000円。2009年度は国から139万円の補助金や、自治体によっては独自の補助金制度があるので、これらを使えば300万円台まで下がる。

   三菱自動車は、7月31日から一般消費者向けの受注を受け付ける。実際にクルマを手にすることができるのは2010年4月以降になるが、今回の「予約受付」はその正式契約のための申し込みとなる。

フル充電に14時間はかかりすぎ

   いよいよ公道にお目見えする「アイ・ミーブ」だが、フル充電に14時間かかったり、リチウム電池の寿命が5~10年で、その入れ替えに200万円の費用がかかったりといった、リチウム・イオン電池をめぐる使い勝手の悪さが取沙汰されている。

   三菱自動車と、リチウム電池の開発にかかわったGSユアサは、「リチウム電池は取り替えなくてもいいようになっていますし、そもそも取り替えなど想定していません。ガソリン車の買い替え年数と同じくらい、廃車するまで乗れます」と胸を張る。ただ充電時間については、少なからず問題があるようだ。

   家庭用コンセントで充電できるとはいえ、フル充電に14時間はかかりすぎ。夜間であれば電気代が安くあがるのはいいとしても、睡眠時間より長いのだから、夜間使用は結構難問だ。

   一方、30分で80%の充電が可能な急速充電器という設備はあるが、一般家庭の設置は無理だという。現在、東京電力など電気事業者が主体で普及に取り組んでいて、イオンショッピングモール(埼玉県越谷)や神奈川県庁、丸ビル、平和島や大黒ふ頭のパーキングエリア、東京電力の営業所などに設置されている。「協力が得られた個所への設置から進めていく」(三菱自動車)ことになるので、ガソリンスタンド並みの普及にはなお時間が必要だ。

   「アイ・ミーブ」のよさは、家庭用コンセントでも充電できる便利さにある。GSユアサは、「単純に家庭用100ボルトのコンセントを、200ボルトに引き上げれば、14時間が7時間に短縮できる。しかし、それだとアイ・ミーブのコンセプトである、家庭用コンセントへのこだわりが薄れてしまう。そんなことはしません」と話す。

   さらに、「長距離を運転するのであればハイブリッドカーを選べばいい。EVカーは軽自動車に代わるセカンドカーのニーズに対応する」と強気だ。

   300万円のセカンドカーにどんな人が乗るのだろうか。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中