橋下知事VS吉本興業 お笑い施設巡って大ゲンカ

印刷

   大阪市中央区にある大阪府立上方演芸資料館(ワッハ上方)の通天閣への移転を巡って、橋下府知事と吉本興業が大ゲンカしている。ワッハ上方が現在入居するビルを所有する吉本は、ビルは「恒久的施設」として建設したもので、移転する場合は補償を求めるとしているが、知事は「がめつい」と批判している。

移転で維持費が4分の1

   ワッハ上方は1996年に開館した施設。ホールや演芸会場を備えているほか、故・横山やすしさん愛用のメガネや古い漫才の台本など大阪のお笑い文化縁の品、約5万7000点を展示している。

   大阪府は08年6月から財政再建プログラムの一貫として、ワッハ上方の移転縮小を計画していた。ワッハ上方の年間の府負担額は賃貸料などを含めると約4億円。これを通天閣に移転すると1億円以下に節約できる見通しであることから、府の戦略本部会議で2009年7月23日、移転する方針を決定。橋下府知事も

「通天閣は来場者数100万人を超える施設ですから、全国から集まってくる観光客に見て貰うことができる」

と話していた。

   だが、吉本興行側はこの移転に強く反発。27日には、HP上に抗議文を掲載した。移転に関して大阪府から正式な説明をされておらず、一方的に発表されている状況となっており「強い遺憾の意を表明します」。また、そもそもワッハ上方は「恒久的施設」として入居することを前提として「特別仕様」に建設されており、移転する場合は、損害補償について府と協議を進めるとしている。

「恒久的というのは聞いたことがない」

「吉本には戦略本部会議の前後で資料等をメールで送っています。一方的ということはありません」

と府担当者は話す。また、吉本とは96年10月から11年3月末までの契約となっており、期間満了してから移転するので問題はないという。

「そもそも公共施設で恒久的というのは聞いたことがありません。府民から頂いた税金で成り立っているものですから、そのときの財政状況に合わせて見直していくべきです」

   現在年間15万人の来場者数も、通天閣に移転することで増えると見込んでおり、財政だけでなく文化施設として多くの人に見て貰いたいとのことだ。

「ムチャクチャな話ですよ」

   吉本は29日に記者会見を開き、補償を巡って訴訟の可能性もあることを示唆している。「吉本さんはがめつい」と話していた橋下知事は、同日の会見で

「補償を求める、求めないは吉本さんの自由。もし訴訟されるなら、訴訟で対応する」

と切り返した。更に30日には、吉本側から、契約解除した場合に必要な「原状回復費用」の見積書が7月初めに送られていたことも明かした。橋下知事は、「スケルトン(内装工事などを施す前の状態)で返してくれと言われた」とのことで、「ムチャクチャな話ですよ」とまた激怒。前出の府担当者も「原状回復義務は契約書に入っているが、義務の範囲については弁護士と相談する」と話しており、両者の折り合いがつくまでには時間がかかりそうだ。

   J-CASTニュースは吉本興業にも取材を申し込んだが、「ワッハ上方の件に関してはノーコメント」とのことだった。

   一方、移転予定先の通天閣の担当者は

「通天閣は今でこそ年間来場者数100万人ですが、かつて20万人にまで落ち込んだ時期は、府に税金の免除をしてもらった恩がありまして、現在移転を視野にいれた協議を進めています。ただ、吉本と揉めているのを見ると、ちょっとどうかなと思いますね」

と話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中