テレビでできぬ「超過激トーク」 お笑いも今やネット生放送時代

印刷

   大物俳優が、撮影の合間に女優をクルーザーで沖に連れ出して…。ニコニコ動画の生放送企画で、テレビにはないお笑いトークの過激さが話題になっている。俳優が途中退席するハプニング(?)もあったほどなのだ。

とくに盛り上がったのが、梅宮さんの女性遍歴暴露

   テレビでしか見ないようなメンバーが、ネット上に登場した。ニコニコ動画で2009年7月30日生放送されたバラエティ企画。スタジオには、司会のダウンタウン浜田雅功さん始め、梅宮辰夫さん、GACKTさん、やくみつるさん…とずらり並んだ。

「今、どういう状況か分かってます? テレビとちゃいますよ」

   冒頭、浜田さんがベテラン俳優の梅宮さんに横やりを入れる。梅宮さんは、そわそわ落ち着かない様子。が、「インターネットでしょ。そういうの、ちゃんとマネージャーから聞いてんの」と笑ってみせた。

   このニコニコ生放送には、梅宮さんばかりでなく浜田さんも初出演。ネット動画に、これだけの大物タレントが登場するのは珍しい。ニコ動が、特別企画「12時間ぶっ通し生放送!!」で招いたキャストだ。

   「ギリギリトーク」とうたうだけあって、司会やゲストらが際どい発言を連発した。

   とくに盛り上がったのが、梅宮さんの女性遍歴を暴露したシーンだ。

   ゲストからギリギリの話を聞きたいと要望があると、「オレ、やばいと思う。今やっていたらパクられますよ」と浜田さん。梅宮さんは、「やばいこと言ったら、ピーと入らないの?」と言いながらも、おもむろに話を始めた。

   45年ほど前に、映画の新人女優から名付け親になったお礼をしたいと言われたとして、梅宮さんは、自らキスをするようなポーズをした。そして、浜田さんが、その後のてんまつを突っ込むと、「当たり前やないか」。さらに、別の俳優の実名を挙げて、同じことをしていたと告白したのだ。

途中退出「あれは演出です」

   過激トークは、これだけで終わらない。

   司会の浜田雅功さんが、梅宮辰夫さんについて「撮影の合間に、クルーザーに乗せて沖へ連れていきよる。泳いで帰られへんところまで…」と突っ込む。すると、梅宮さんは、「強制的にじゃないけど、それはあるんだよな。逃げられないのは当たり前だから、向こうは、ちゃんと覚悟しています」とあっけらかんとしていた。

   ところが、しばらくして梅宮さんは、途中退席した。「マネージャーさんがこれ以上しゃべってくれるなということで」とゲストらから説明があると、浜田さんは、「この番組終わるまでのスケジュール切ってるはずなのに」と怒った様子。「犯罪者ですよ」と言うと、ゲストらから「違いますよ」とフォローが入っていた。

   ネット上では、この過激トークへの評価は、比較的高い。2ちゃんねるでは、「浜田神すぎ」「絶対DXじゃできない話ばっかだったな」と出演者らをほめる声のほかに、「まじでテレビ業界がひっくり返るな」「生放送&CM無しの効果を見たわ」との声が上がっている。ネット企画に、ひな壇タレントとやゆされるテレビのバラエティ番組を超える可能性を見ているようだ。

   梅宮さんの所属事務所ピックルズでは、ネット企画に出た理由について、「依頼があったので出ました。ネットだからという心配はありません」と話す。途中退出については、真偽は分からないが、「あれは演出です。もとから途中で出た方が面白いと考えていました」と言う。今後も依頼があれば出演するとしている。

   浜田さんは、出演理由について、「ぜひ」と言われて決めたことを生放送の中で明らかにしている。

   ニコ動運営会社の親会社ドワンゴでは、浜田さんが怒った様子をみせたことについて、「怒ってはおらず、流れの中での発言だと思います」とする。そのうえで、生放送企画について、「地上波のテレビと違う独特の空気だったのでは。来場者数もコメントも過去最高になるほど盛り上がって、手応えを感じています」と話している。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中