宝くじの販売額、3年連続の減少

印刷

   日本宝くじ協会によると、全国の地方自治体が発行する宝くじの2008年度(07年4月~08年3月)販売額は、07年度比0.2%減の1兆419億円になった。05年度の1兆1047億円をピークに3年連続で減少した。長引く不況と購買層の高齢化などが影響したようだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中