41.5%が「流産」経験あり 厚労省研究班調査

印刷

   厚生労働省研究班の調査で、妊娠経験がある458人のうち190人(41.5%)が流産の経験があることがわかった。2回以上経験したのは28人(6.1%)、3回以上は7人(1.5%)だった。共同通信が2009年8月2日に報じている。名古屋市立大の杉浦真弓教授(産婦人科)と鈴木貞夫講師(公衆衛生学)らが07年2月からの1年間に、愛知県岡崎市で健康診断を受けた35~79歳の女性に調査し、503人から回答を得た。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中