弁護士会「言論の自由萎縮する」 住宅地防犯カメラは問題なのか

印刷

   犯罪から地域の子どもを守ろうと、全国15か所の通学路に防犯カメラを設置する計画を警察庁が進めている。防犯カメラの設置をめぐっては、犯罪抑止効果が期待される一方、プライバシー保護の問題もつきまとう。中には、「言論・表現の自由を萎縮させる危険がある」として、計画の撤回を求める声明を出す弁護士会もある。議論は平行線をたどる可能性もありそうだ。

「安心感のために人権を制約することは許されない」

   問題とされているのは、警視庁が2009年6月に打ち出した、防犯カメラ設置についてのモデル事業。補正予算で防犯カメラの設置費用など計5億9000万円を計上し、14都県の15地域で、原則として1つの小中学校周辺に25台を設置。カメラや録画データの管理は、地域にある民間の防犯ボランティア団体に委託し、10年1月にも運用を始めたい考えだ。

   全国の警察では、すでに全国の繁華街に363台のカメラを設置しているが、住宅街への設置は初めてだ。この方針をめぐって、異論が噴出しているのだ。設置対象地区の住民からは、自宅がカメラに映りこむなどのプライバシー上の問題を指摘する意見が相次いでいるほか、福岡県の弁護士会が09年7月31日、計画の撤回を求める声明を発表、福岡県警に提出したのだ。

   声明では、

「警察等による市民監視や不透明な個人情報の収集・利用は、個人のプライバシー権を侵害するばかりか、民主主義社会を支える言論・表現の自由を萎縮させる危険がある」

と指摘した上で、

   「抽象的な『安全』や単なる主観に過ぎない『安心感』のために人権を制約することまで許されているのではない」と主張。さらに、警察がカメラを設置するためには、過去の判例に照らして(1)犯罪発生の蓋然性が高いこと(2)証拠保全の必要性・緊急性があること、などの要件を挙げ、

「全国的にも、福岡県下においても、犯罪は減少しており、(カメラの設置が予定されている、福岡市中央区の)大名校区で、特に通学路において犯罪が頻発しているとの事実は認められない。従って、その設置は、違法であるといわなければならない」

と、カメラ設置の実効性についても疑問を投げかけている。

泥棒が嫌がるのは防犯カメラ?

   ただ、今回のモデル地域以外の地区に目を向けてみると、住宅地の防犯カメラの設置で、犯罪抑止効果をあげていると思われる地域もある。

   成城などの高級住宅街を管轄している警視庁成城署では、地域住民に対して、防犯カメラの設置を呼びかける運動を展開している。この背景には、00年12月末には一家4人殺害事件が起きるなど、住民が治安悪化への不安を抱いていたことがある。「泥棒が嫌がるのは防犯カメラ」と、同署による設置の呼びかけが始まったのは05年秋だが、07年2月には管内の設置台数が400台を突破。09年1月7日現在では、350か所779台が設置されている。同署のウェブサイトでは、「管内の侵入盗半減!ひったくり犯人も検挙」とうたっているほか、警視庁の統計を見てみても、管内の05年の犯罪認知件数は、刑法犯全体で4364件だったのに対し、06年3923件、07年3564件と「右肩下がり」だ。

   もっとも、成城署では、

「警視庁全体でも犯罪認知件数が減っているので、『防犯カメラのおかげで減った』と言えるかどうかは分かりません。ただ、カメラの設置が何らかの寄与をしているとは考えています」

と控えめだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中