「おいしい食べ物多かった」トップは沖縄県 リクルート調査

印刷

   リクルートは、じゃらんリサーチセンターが実施した「じゃらん宿泊旅行調査2009」の結果を2009年7月29日に発表した。

   それによると、「地元ならではのおいしい食べ物が多かった」の項目では、1位が沖縄県。この項目に関して、沖縄県は前年の5位からの躍進だった。以下、高知県、香川県、鹿児島県、北海道、福井県と続いた。同社の分析では全体の傾向として、「刺身・魚介類一般・カニ・ウニ・エビなど、地元でとれる新鮮な海の幸」を挙げる声が多かったという。

   ちなみに、沖縄県は「魅力のある特産品や土産物が多かった」「魅力的な宿泊施設が多かった」「地元人のホスピタリティを感じた」「大人が楽しめるスポットや施設が多かった」の項目でも1位を獲得しており、5冠に輝いた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中