長期金利1.450%に上昇 約1か月半ぶり

印刷

   2009年8月4日の国債市場は、長期金利の指標となっている新発10年債(表面金利1.4%)の利回りが前日終値よりも0.015%高い1.450%に上昇。その後も1.4%を挟んで推移した。日米で株価が上昇したことが、国債売りにつながった。

   09年4月以降1.4‐1.5%台で推移していたが、1.45%をつけたのは6月22日以来の約1か月半ぶり。7月最終週は米長期金利の低下などで国債が買われる局面もあったが、8月に入ると「売り」優勢に転じた。

   しかし、与謝野馨財務相は、成長に対する期待が小さいことやインフレ懸念がないこと、民間の資金需要が少ないことなどによって、金利上昇が抑えられているとみている。

   なお、4日の東京株式市場の日経平均株価は、終値で前日比22円54銭高い1万375円01銭となり、09年の最高値を更新した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中