野村、ロンドン証取で初のシェア首位

印刷

   野村ホールディングス(HD)は、ロンドン証券取引所の2009年7月の株式売買シェアが7.45%を占めて、初めてトップに立った。6月の売買シェアでは6.27%の第3位で、7月も一段と拡大した。

   野村HDは、08年秋にリーマン・ブラザーズ証券の欧州部門を買収。09年1月に野村、リーマン両社の株式売買システムの統合作業を終え、新システムに移行していた。その取引システムや、リーマンから引き継いだ顧客口座が本格的に寄与しはじめた。

   なかでも、電子証券取引専門の子会社が運営する欧州株の私設取引システムの「チャイ・エックス」の取引が好調で、この市場の総売買代金シェアが15~20%を占める規模になった。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中