「肝がん」に罹るリスク コーヒー飲むと減る

印刷

   コーヒーを飲むと「肝がん」にかかるリスクが低くなるという調査結果が出た。コーヒーはほかにも、子宮体がんや大腸がん発症のリスクをおさえるともいわれる。そのメカニズムまではよくわかっていないが、コーヒーの摂取で、「がんリスク」が緩和される傾向にあるのは間違いないようだ。

13年にわたる追跡調査で検証

   国立がんセンター予防研究部は2009年7月16日、コーヒー摂取と肝がんとの関連に関する調査結果を発表した。それによると、コーヒーを日常的に摂取したグループは、摂取しないグループに比べて肝がんのリスクが低くなることがわかった。同研究部では、これまでもコーヒー摂取と肝がん発生率に関する調査はしていたが、肝炎ウィルス感染状況を踏まえた点が新しい。肝炎ウィルスは、肝がんを引き起こす主要な要因とされている。

   男女18815人(男性6414人、女性12401人)を対象に、13年にわたる追跡調査を実施した。研究班は、研究開始時の質問票をもとに、コーヒー摂取量によってグループわけをした。「コーヒーをほとんど飲まない」グループは33.6%、「1杯未満」が30.6%、「1杯~2杯」が27.1%、「3杯以上」は8.7%だった。

   その結果、「コーヒーをほとんど飲まない」人が肝がんを発生する割合を「1」とした場合、「1日1杯未満」では「0.67」、「1日1~2杯」は「0.49」、「1日3杯以上」は「0.54」だった。そして、肝炎ウィルスの感染者への調査でも、同様の結果――「1日1杯未満」では「0.56」、「1日1~2杯」は「0.40」、「1日3杯以上」は「0.78」となった。

   いずれにしろ、コーヒーの摂取によって、肝がん発生のリスクが低くなる傾向にあるようだ。なお、調査期間中、肝がんを発生したのは、110人(男性73人、女性37人)だった。

コーヒーに含まれるクロロゲン酸やカフェインが要因?

   実は、コーヒーには子宮体がんや大腸がんのリスクをおさえるほか、生活習慣病の改善、心臓疾患の予防にも効果がありそうだという調査結果が、日本国内や欧米で発表されている。

   国立がんセンター予防研究部では、コーヒーに含まれる成分のうち、クロロゲン酸やカフェインが主な要因として挙げられる、と推測している。肝がんの場合、これらの成分が肝機能酵素活性を改善したり、肝細胞炎症を軽減させたりしたのではないか、と考えられるという。もっとも、その具体的なメカニズムは今のところ、正確にはわからないそうだ。

   日本コーヒー協会の西野豊秀専務理事も、「食生活と病気の関係を調べていくと、(コーヒーを摂取した場合に、)そのような良好な関係にあることがわかっています」として、次のように指摘する。

「コーヒーには、実は、きわめて多様な成分が含まれているので、具体的に、どの成分が人体に作用しているのかまではわからないようです。また、コーヒーに含まれる微量の成分同士が関係し合っているのではないか、とも考えられているようです」
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中