「政策訴えるには15秒短すぎる」 公明党テレビやめネットCMで勝負

印刷

   公明党が総選挙に向けたテレビCMを放映しないことを決めた。代わりに、インターネットで政策を紹介する動画を放映する。高額な費用がかかるテレビCMを避け、ネットを通じて若者や女性向けに党の主張や政策をアピールする。15秒のテレビCMでは「政策を訴えるには短すぎる」という。

ネットCMを広報戦略の中心に据える

   公明党のテレビCMといえば、2001年の参院選で当時の神崎武法代表が自らの名前をもじって、「そうはイカンザキ」とアピールしたCMが評判を呼んだ。お堅いイメージの政党CMに交じって、ユニークさからCM効果も相応にあったが、それでも今回の総選挙ではテレビCMを見送ることにした。

   その理由を、「党の主張や政策を訴えるには15秒では短すぎるし、作品も限られるため」(公明党広報部)と説明。時間を制限されずに、政策をきめ細かく訴えやすいネットCMを広報戦略の中心に据えた。若者層を中心とする、いわゆる無党派層の取り込む狙いもある。

   もっとさまざまな角度から主張や政策を訴えたい、インターネットなどのバリエーションに富んだ宣伝活動を展開するため、「Webムービーをいくつか制作してホームページ上に置いて、さまざまなメディアを通じてインターネットユーザーを誘引する。それによって党の主張や政策を浸透したい」という。

   公明党は「インターネットは広告量もラジオを抜いて増えている。政治カテゴリーでも、どんどん効果が上がると考えている」とみている。党のホームページ(HP)には、すでに「ウェブTV」を開設。定例記者会見の模様やマニフェストのポイント解説などが流れていて、ネットCMとともに内容を充実していく。

   総選挙に向けた広告展開では、一般紙やスポーツ紙、夕刊紙への出稿はこれまで通り。新たに女性誌やインターネットのポータルサイトのバナー広告へ出稿する。テレビCMを見送ることで、広報宣伝費の大幅な削減にもつなげる。

自民「ネットの影響力には驚いている」

   公明党と同様、自民党や民主党もネットCMに目を向け始めた。自民党は自らのHPの動画チャンネルで、ネットCM「プロポーズ編」など4本を、7月18日から放映中。「プロポーズ編」はマスコミが取り上げたこともあって、「評判がいい」(広報本部)という。甘い言葉をささやく男性に、「根拠のない自信に人生を預けられますか」と問いかけ、自民党が「責任政党」であることを強調した内容。「ネット=若者層」を意識して、アニメを用いた。

   自民党は「ユーチューブやニコニコ動画に載せてから、寄せられるコメントが急増し、改めてネットの影響力には驚いている。いまや若者層はもとより、全世代が見ている」と話す。

   ただ、テレビCMを「やらない」わけではない。新CMはテレビ、ネットともに展開する予定で、詳細は「現在検討中」だが、テレビCMは「マニュフェストを見てほしい」こともあって、HPへ誘導できるような内容にしたい考え。

   一方、民主党は「(ネットCMは)これまで通り、力を入れていきます」(広報戦力本部)とコメント。テレビCMについても、「通常どおり」放映していくという。新CMは、鳩山由紀夫代表が「絆のある社会を。」「暮らしのための政治を。」と訴える、それぞれ15秒のCMだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中