「東海地震ではない」 気象庁が見解発表

印刷

   静岡県内で2009年8月11日早朝に発生した震度6弱の地震について、気象庁は同日の記者会見で、「東海地震そのものではない」との見解を明らかにした。

   その理由として、東海地震で想定のマグニチュードが8前後と1以上の差があることや、逆断層型とされる東海地震に対して横ずれ断層型であることなどを挙げている。しかし、同庁では、関連性については今後調査するとしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中