「企業の株式持ち合い」3年連続上昇 評価損で今後は厳しい見方も

印刷

   上場企業が安定株主を確保するため、株式の持ち合いを高めていることが、野村証券金融経済研究所の調べでわかった。2008年度の株式の持ち合い比率は12.7%で、前年度に比べて0.4ポイント上昇。これで3年連続の上昇となった。

   上場企業の株式持ち合いは、銀行が株式の持ち合い解消を進めたことで2005年度には11.1%にまで下がったが、06年度には投資ファンドなどによる買収攻勢が強まったことを背景に、安定株主の確保を狙いに再び上昇していた。また、サブプライム問題やリーマン・ショックの影響で、外国人投資家が日本株の保有を急激に減らしたことが株式の持ち合い比率の上昇につながったとみている。

   ただ、09年3月期に多くの有価証券評価損が計上されたことで、結果的に株式の持ち合いが企業の業績悪化につながった。同研究所では「持ち合いに理解を示していた投資家も、今後は見方を厳しくする方向にあると考えられる」と指摘している。

   なお、同研究所では上場企業が保有する株式の時価が市場全体の時価総額に占める割合を「持ち合い」比率として毎年試算している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中