「日の丸」裁断して切り貼り 民主党旗に使われた不思議

印刷

   鹿児島での民主党決起集会で、日の丸の旗を切り貼りした党旗が掲げられたことが波紋を呼んでいる。支持者が不用意に作ってしまったというが、麻生首相が党首討論で取り上げる騒ぎにもなっている。どんな事情があったのか。

「主催者の不手際のため」と謝罪

問題を取り上げた自民党のサイト
問題を取り上げた自民党のサイト

   問題の民主党旗が掲げられたのは、鹿児島県内で2009年8月8日に開かれた衆院選新人候補の総決起集会だ。同党ホームページにも一時掲載された当時の写真を見ると、壇上に大きく掛かっており、国旗2枚の上と下を切って一部を重ね、日の丸の一部を白くして、民主党のマークに仕立てたようになっている。

   同党によると、マークは、上の赤丸部分が地上に昇る朝日、下が水面に映る朝日を指す。下の赤丸がゆがんでいるのは、まだ完全ではないという結党当時の思いが込められているからという。集会での党旗は、国旗を重ねたために下の赤丸がゆがんでいないが、布地にややシワが多いようにも見える。

   この問題は、麻生太郎首相が、17日の党首討論会で突然取り上げ、報道を通じてネット上で大きな話題になった。討論会で、麻生首相は、民主党側が国旗を切り刻んでつなぎ合わせたと指摘し、「私にはとても悲しく、これは許し難い行為」と非難した。さらに、布地にしわが多いのに怒った様子で、「わざわざシワシワにして並べてかけて。姑息だ」と言葉を荒げた。首相の支援者から報告を受け、投書も多く寄せられているという。

   これに対し、民主党の鳩山由紀夫代表は、「そんなことを、けしからんことをやった人間がいるとすれば、そのことに対して大変申し訳ない」とまず謝罪した。そして、民主党のマークそのものは神聖なものだとして、「マークをきちんと作られなければいけない話だった」とも述べた。

   集会を開いた民主党新人も18日、衆院選公示による出陣式で、「不適切で深くおわびする」と謝罪した。「国旗の尊厳をおとしめる意図は全くなく、主催者の不手際のため」としている。また、同党の岡田克也幹事長は、新人に口頭で厳重注意した。新人の事務所には、抗議などが60件ほど寄せられているという。

日教組の関係者であることは否定

   この問題が発覚した当初は、民主党新人の陣営側が「支持者が作ったが、(国旗を)切り刻んではいない」と説明したと地元紙が報じるなど、情報が混乱した。集会の場面をピックアップした映像がニコニコ動画に投稿され、10万回も再生されるなど、ネット上でもその真相を巡る検証が進んでいる。

   民主党鹿児島県連の事務局長は、取材に対し、国旗2枚をそれぞれ上下3分の1ずつ裁断して切り貼りしたことを認めた。国旗同士は、一部を重ねて縫い合わせ、赤丸同士がくっつく部分は白い布をパッチングしたという。

   党旗を作った支持者について、事務局長は、国旗に反対するような日教組の関係者であることを否定。「むしろその逆で、毎朝国旗を家に掲げるような人と聞いています。国旗をおとしめる認識はないようでした」と説明する。ただ、なぜそんな人物が国旗で縫い合わせをしたのかについては、明確な回答がなかった。

   同県連によると、党大会では、マークをパネルにして会場に張り出すことはある。が、決起集会などでは党旗は通常掲げないという。国旗についても同様で、「それぞれの価値観がありますから」と説明している。

   民主党新人の陣営側は、取材に対し、「熱心な支持者が持ってこられたので、せっかくだからと掲げてしまった。集会の準備段階で多くの人が集まり、手分けしてやっていたら、国旗の貼り合わせとは気づかなかった。しっかり確認ができていませんでした」と釈明している。

   この問題を麻生首相が党首討論で取り上げたことについて、新聞各紙では、保守票固めを意識しているとも報じている。自民党はサイトの中でも取り上げ、「今回のことは、日教組や自治労というシガラミをもった民主党が本質的に抱えている問題を垣間見せた象徴的な出来事でもあります」と批判した。

   これに対し、民主党鹿児島県連の事務局長は、「党首がわざわざ言うことなのかなという思いはします」と自民党側の対応に首をかしげる。

   自民党の広報本部では、「日本の公党として、問題を指摘して当然だと考えています。保守票固めかについては、有権者が判断することです」と話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中