殺人容疑者のトンデモ顔写真使用 フジテレビの「お笑い」?報道感覚

印刷

   フジテレビの報道番組「スーパーニュース」で使われた女性殺人容疑者の顔写真が「笑える」「とんでもない」とネットで騒ぎになっている。

2本のこよりを2つの鼻の穴に突っ込んでいる写真

   2009年8月17日に放送された「スーパーニュース」は、水没した軽ワゴン車から当時30歳の男性遺体が発見された事件を扱った。殺人容疑の逮捕者は5人にのぼり、容疑者は被害者を殴るなどした後、両手を縛りワゴンに乗せ水没させた。番組は、被害者と犯行に関わった長嶋直子容疑者(34)の関係にスポットを当てていた。

   事件は09年7月に起きた。長島容疑者は無職で、小学三年生の娘がいるシングルマザー。被害者とは数年前に埼玉県で知り合った。長嶋容疑者は被害者からの交際の申し込みを拒否。やがて被害者はストーカー行為に走るようになり、長嶋容疑者は困って周囲に相談していた。しかし、友人としての二人の付き合いはなぜか続き、二人を結びつけていたのは覚醒剤だ、と番組では説明している。

   番組の中で、被害者や、容疑者の写真が映し出されていく中で、長嶋容疑者の顔写真だけが、「とんでもない」ものだった。両手を使って2本のこよりを2つの鼻の穴に突っ込んでいるというもの。こよりはティッシュで作られたものでかなり長い。くしゃみが出る寸前なのか、目が虚ろで、口が半開きになっている。

フジは報道もお笑いの一部??

   この写真を見て、腹を抱えて笑った人がいたほどで、ネットで騒ぎになった。

「何故こよりを?しかも両穴に…」
「久しぶりに声を出してワロタわ」
「報道はお笑いの一部ですってのがフジだから」

といったカキコミが出た。一方、

「日本は報道倫理がないんだなあとつくづく思う」
「これは報道の暴力だ」といった批判もあった。

   フジテレビはなぜこの写真を使ったのか、他に適当な写真は無かったのかを問い合わせてみたところ、同局広報部は、

「写真使用については編集権に関わることですのでコメントはできません」

とのことだった。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中