麻生首相の「金がねえで結婚は…」 騒ぎたてるほどの失言なのか

印刷

   「金がねえで結婚はしねえ方がええんで」。麻生首相が学生のイベントでこう話したことの真意を巡って、ネット上で議論が続いている。発言全体を聞くと、金がない人の結婚を否定しているのではなく、金がある程度稼げるようになってからの方がいいと言っているようだ。これで大げさに騒ぎたてるほどの失言なのか。

「金ないのに結婚するな」などと報じられる

ニュースサイト掲載のイベント動画
ニュースサイト掲載のイベント動画

   麻生太郎首相の「失言」が報じられるたびに、ネット上では、マスコミの歪曲報道ではないかとの疑問がくすぶっている。それだけマスコミ不信が広がっているわけだ。

   今回の発言については、「金ないのに結婚するな」などと一部で報じられた。これに対し、ネット上に載った「イベント参加者」のコメントやイベント当日の動画から、報道への異論が相次いでいる。

 

   麻生首相が話したのは、日大法学部の学生らが東京・台東区民会館で2009年8月23日夜に開いた「ちょっと聞いていい会」。そこで、立教大学の学生からこう質問された。

「結婚するのにまずお金が必要で、若者にその結婚するだけのお金がないから結婚が進まないで、その結果少子化が進むと思うんですが?」

   これに対し、麻生首相は、前出の「金がねえで」発言をしたうえで、こう述べたのだ。

「ある程度生活をしていく、いけるというものがないと、やっぱり自信がない」
「稼ぎが全然なくて、尊敬の対象になるかというと、よほど何かないとなかなか難しいんじゃないかという感じがするんで。稼げるようになったうえで結婚した方がいい」

   つまり、金がない人の結婚を否定しているのではなく、それは金がある程度稼げるようになってからの方がいいと言っているわけだ。そして、「(金が)ないからしないってもんでもない。こらあ、人それぞれだと思うから」と述べ、金がない人が結婚するのもその人の自由だとしている。

経済面で助け合えばうまくいくとの指摘も

   ネット上では、イベント動画の検証も活発だ。大手IT企業勤務の楠正憲さんは、自らのブログ「雑種路線でいこう」で、麻生発言を文字に起こしたうえで報道にこう疑問を呈する。

「バランスを取ろうとする気配りは感じられるし、結婚生活を成功させるために自己信頼が重要という本来の発言の趣旨に対して言葉尻を捉えられているようにもみえる」

   ほかのブログでは、麻生首相がカトリック信者のために、働くことが尊敬されるという発言が出てきたのではないか、と推測している。

   マスコミの報道内容を見ると、記事中では、麻生発言の概略はほぼ伝えられている。ただ、「失言」を誇張したような見出しだったため、それが一人歩きしてしまったようだ。

   かつて、首相として所得倍増政策を進めた池田勇人は、蔵相時代に「貧乏人は麦を食え」発言が物議を醸した。これは発言全体を聞けば、それほど強い言い方ではなかった、ともされており、麻生発言も似たケースと言えるかもしれない。

   もっとも、不況下で就職難に直面している学生らに対して、「金がねえで」発言が適切だったかについては異論も多い。

   閣内からも批判が出ており、斉藤鉄夫環境相は、2009年8月25日の閣議後会見で、「わたしは26歳で金がないときに結婚した。お互いの決意と尊敬があれば、必ず切り開いていける」と述べた。ネット上では、ブロガーから、結婚して夫婦が経済面で助け合えば、むしろその方がうまくいくとの指摘もある。

   また、金を稼げるにはどうすればよいのか、どんな政策を考えているのか、言及がないとの意見も出ている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中