トヨタ、GMとの合併工場を10年3月に閉鎖

印刷

   トヨタ自動車は2009年8月28日、米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)との合弁工場ヌーミー(カリフォルニア州)での車両生産を、2010年3月で打ち切ると発表した。GM側は既に合併事業からの撤退を表明しており、トヨタ単独での継続は困難と判断した。

   現在ヌーミーで生産している「カローラ」はカナダと日本の工場に一時的に移管。小型トラック「タコマ」もテキサス工場に移管する予定。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中