買い得?偽物?「ピカソ」の版画 長野県1万5千円 で「オークション」

印刷

   ヤフーの「官公庁オークション」に、パブロ・ピカソ作の可能性がある版画13作品が出品される。出品する長野県庁税務課によると、1点1万5000円からのスタートだが、ピカソのサインは入っておらず、真贋鑑定もしていない。偽物をつかまされる可能性もあるわけで、いったいこのオークション、どういう結末をむかえるのか。

「パブロ・ピカソ作と聞いています」

   ヤフーの「官公庁オークション」は行政機関の公有財産売却などに使われ、思わぬ掘り出し物があるとしてオークション好きに注目されている。現在話題になっているのが、版材にリノリウム板を用いた「リノカット」という技法で制作されている版画。長野県庁の諏訪地方事務所が不動産取得税の滞納で差し押さえたもので、説明書きには「所有者から『パブロ・ピカソ』作と聞いています」と書かれている。

   作品名は「ピカドールと女と馬」「二人の婦人」「バッカスを祝う恋人たち」など全部で13作品。ピカソのサインはなく、真贋鑑定もしていないという。一枚1万5000円からのスタートになっている。

   ピカソは「リノカット」を使った版画に熱心だったことで知られ、本格的に始めた1958年から数年で100点以上の作品を完成させたとされる。リノリウム板は木材に比較し材質がやわらかく、板目の制約を受けないのが特徴。一般的に版画が完成すると、自作の証に本人が直筆でサインするが、サインのない「本物」も流通している。それは、作者本人が亡くなった後に原盤を使って刷られたものなどだ。

   今回のオークションで気になるのは真贋鑑定をしなかったこと。長野県庁税務課によれば、真贋鑑定をしなかったのは、鑑定すると相当な支出になってしまうためだという。

サインがあれば100倍以上の価格

   ただし、値段を決めるに当たっては、美術品専門査定機関に評価を依頼した。版画は相当の枚数が流通しているということを前提に弾き出された、としている。ちなみに、ピカソのサインが仮に入っていたとしたら、100倍以上の値段になるだろう、という。

   このオークションの参加申し込みは09年9月 9日17時 まで。入札開始日時は9月15日13時 。締切は9月17日13時30分となっている。果たしていくらで落札され、落札者は「掘り出し物」を手にすることになるのか。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中