シャープ、ソニーから旧式設備を買う 中国・台湾メーカーの狙い

印刷

   シャープとソニーが国内外の液晶テレビ関連の生産設備を中国や台湾に売却すると相次ぎ発表した。日本の電機メーカーが旧式となった生産拠点や設備を見直したり、新興国など各国・地域ごとに商品を展開したりする動きが活発になってきた。時間の経過とともに最新鋭の液晶テレビなどを生産できなくなった工場の設備でも、中国などの現地企業に売却すれば、新興国向けの廉価な液晶テレビを生産することができ、双方にメリットがあるようだ。

液晶パネルは世代交代が激しい

   シャープは2009年8月31日、三重県亀山市の同社の看板工場である亀山第1工場の薄型テレビ用液晶パネルの「第6世代」と呼ばれる生産設備を、中国・南京市と中国の現地企業が設立した液晶事業会社に売却すると発表した。売却金額は非公表だが、中国メディアの報道によると、売却額は約1900億円とみられる。

   液晶テレビの基幹部品である液晶パネルは世代交代が激しく、シャープは現在、亀山第2工場で「第8世代」と呼ばれる最新鋭の液晶パネルを生産している。このため、旧世代に当たる第6世代の生産設備をもつ亀山第1工場は操業を休止しており、生産設備については、中国を念頭に海外企業に売却する方針をこれまで明らかにしていた。

   シャープの生産設備を購入する南京市の液晶事業会社は、2011年3月に稼働の予定で、シャープは同事業会社に出資はしないものの、「当社の生産技術およびノウハウを提供し、第6世代液晶パネル工場の建設と生産に協力する」という。

   また、シャープは中国の液晶パネル需要の拡大に備え、南京市と中国現地企業とともに、第8世代の液晶パネルを現地生産する合弁事業について協議していくことで合意した。さらに、部品である液晶パネルから、完成品である液晶テレビまでの設計・開発を行う「液晶設計開発センター」を2010年4月に南京市に設立する予定という。

ソニーのメキシコ子会社も設備売却

   シャープは2001年に南京市で液晶テレビの組み立てを開始するなど、南京市は中国におけるシャープの重要拠点となっている。シャープは「今回の液晶パネル生産、開発センターの設立で、中国において設計開発、液晶パネルの生産、そして液晶テレビの組み立てまでを行う垂直統合体制を構築する」と説明。「これに伴い、関連企業の進出が進み、『南京市クリスタルバレー』が構築されることを期待する」としている。

   一方、ソニーは米国向けに液晶テレビを生産するメキシコの子会社の株式の9割と生産設備を、台湾の電子機器受託生産事業者に2010年3月末までに売却するという。ソニーのメキシコ子会社は米国向けに液晶テレビを生産していたが、一層のコストダウンを狙い、世界の液晶テレビの生産拠点である台湾の受託生産事業者に設備を売却。ソニーは同事業者の株式の1割を保有しながら、自社ブランドで各国市場向けの液晶テレビを生産する。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中