ツイッターの次はこれ? 日本でも急増「タンブラー」って何

印刷

   米国発のミニブログサービス「ツイッター(Twitter)」の利用者が急増しているが、同様にユーザーを増やしている米国のミニブログサービスがある。「タンブラー(Tumblr)」というニューヨーク生まれのサービスだが、どんなものなのか?

手軽に使える「オンラインのスクラップブック」

   Tumblrは、ニューヨークのタンブラー社が運営するミニブログサービス。ユーザーは自分で書いた文章や撮った写真を投稿できるほか、ニュースサイトや他人のブログから、気に入った記事や写真、動画、音楽などを簡単に取り込むことができる。いわば「オンラインのスクラップブック」だ。

   公開は2007年3月。サービス説明は英語のみだが、ブログなどで紹介されて日本からの利用も増加中。09年6月の訪問者数は45万人で、前月の27万人にくらべ67%増えた(ネットレイティングス調査)。Twitterも同時期に57%増の78万人と訪問者数を伸ばしており、歩調をあわせるような格好でTumblrにも注目が集まっている。

   Tumblrの特徴は直感的な操作で簡単に記事や写真、動画を投稿できることだが、Twitterと同様に、注目しているユーザーを「フォロー」することもできる。あるユーザーをフォローすると、その人がピックアップした素材が、自分のページ「ダッシュボード」に自動的に流れてくる仕組みだ。このあたりは、Twitterの「タイムライン」とよく似ている。

   他のユーザーから流れてきた素材が面白いと思ったときは、ハート形の「like」ボタンをクリックして「気に入った」という意思表示をしたり、「リブログ(再投稿)」といって、その素材を自分のダッシュボードに取り込み、コメントをつけたりすることもできる。

   このようにして、ある記事や画像がネットユーザー間を「クチコミ」のようにして回遊するのだが、誰が最初にピックアップし、誰がリブログやlikeをしたのか履歴が残るところが面白い。リブログやlikeの数の多さは、コンテンツの魅力を表す指標となり、投稿者にとっての名誉となるのだ。

「自分の隠れた性癖」が明らかになる

   Tumblrの魅力はどこにあるのか。「Tumblrはライターなどクリエイティブなことをしている人にとって非常に便利なツール」と語るのは、人気ブログ「みたいもん!」を運営する、いしたにまさきさんだ。

「Tumblrは、ブログの『下書き以上、エントリー未満』という位置づけで使っています。ブログのエントリーに備えて、最新の情報収集と素材のストックをするのに便利ですね」

   さらに毎日使っていくことで、意外なことが分かってくるという。

「Tumblrでリブログを積み重ねると、『自分の隠れた性癖』が見えてくるんです。ああ、自分はこういうトーンの写真が好きだったのかとか、いまこういうことに興味があるんだなとか。受け身のようで、意外に積極的に選別しているんですよ」

   また知人の勧めで2年前から利用している会社員のAさん(42歳)は、自分では投稿やリブログをせずに、ダッシュボードをウォッチしているという。

「Tumblrは、優秀なユーザーがインターネット全体をウォッチし、コンテンツをフィルタリングして雑誌を自動生成してくれるようなサービスとして楽しんでいます」

   2人が強調するのは「実際にやってみないと楽しさはわかりにくい」ということだ。Aさんは「好みのユーザーを見つけてフォローするところから始めるのは、Twitterと同じ」と入門法を伝授する。また、いしたにさんは「Twitterは人を知り、Tumblrはコンテンツを知るところが異なる。似ているところはあるが、住み分けして共存するでしょう」と話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中