香川銀行と徳島銀行の持ち株会社、「トモニHD」に決定

印刷

   第二地方銀行の香川銀行と徳島銀行が2010年4月に設立する共同持ち株会社の名称が「トモニホールディングス」に決まった。香川、徳島の両行は「トモニHD」の子会社として傘下に入り、業務を続けていく。

   トモニHDの会長には、香川銀行の遠山誠司頭取、社長兼最高経営責任者(CEO)には徳島銀行の柿内眞市頭取が就く。本社は香川県高松市に置く。株式移転については、香川銀行と徳島銀行の普通株式1株に対して、トモニHDの普通株式1株を割り当てる。両行は2010年3月29日に上場廃止となり、新会社が4月1日に上場する予定。

   香川、徳島の両行は経営統合によって、本部人員の効率化やシステムの共同化・共通化などによる強固な経営基盤を構築、かつ幅広いネットワークを実現し、地域とともに成長する金融グループをめざすとしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中