山本ひかる、「ヌード画像」流出騒ぎ 「写真は別人で貼り合わせ」

印刷

   新番組「仮面ライダーW」のニューヒロインとして脚光を浴びるタレントの山本ひかるさん(18)。2ちゃんねるで自らのヌードなどとして大量にアップされた画像が本人に酷似していると騒ぎになっている。所属事務所では、「本人のグラビア写真と別人のヌード写真を同時にアップされた」と困惑している。

新番組「仮面ライダーW」出演で話題

週刊誌や夕刊紙でも話題に
週刊誌や夕刊紙でも話題に

   水玉模様の黒ネクタイをして股間だけを隠したヌード、床から撮った制服姿のパンチラ、そして、上半身裸の手ブラ…。

   首から上はいずれも写っていないが、衝撃的な少女の画像だ。これらは、2ちゃんねるでは、2年ほど前に少女自らがアップしたとされている。そして、それと同時にアップされたTシャツ姿などの少女が、山本ひかるさんに酷似しているのだ。

   ひかるさんは、4年前の所属事務所アミューズの「お姫様オーディション」で準グランプリに入賞。07年4月にフジテレビ系ドラマ「わたしたちの教科書」の生徒役でデビューした。アミューズでは、タレントの上野樹里さんに続くホープだという。

   「ヌード疑惑」が持ち上がったのは、「仮面ライダーW」が09年9月6日にスタートした前後だ。2ちゃんに関連スレッドが立ち、携帯電話で自ら撮ったとされる200カットもの画像が続々貼り付けられ、ブログなどに相次いでコピペされている。

   これらは、「しゃーりー」などの固定ハンドルネームを持つねらーの少女が自らのスレに貼りまくったとされ、2年ほど前からネット上で話題になっていた。2ちゃんのオフ会にも出没していたという。09年8月ごろになって、同級生というユーザーが、このスレに名前や芸能人などの情報を書き込み。そして、酷似しているひかるさんが新番組で脚光を浴びたこともあって、ネット上で騒ぎになったらしい。

ブログ画像との一致点は多いが

   これらの画像について、ネット上では、山本ひかるさんのブログに載った画像との一致点が指摘されている。

   まずヌードの黒ネクタイは、ひかるさんの部屋に吊されていたものとほぼ一致。また、別のヌード画像で、水玉模様と縞の黒い制服リボンも、同種のものがそれぞれ部屋に掛けてあるのが見つかった。ピンク色のTシャツは、ブログで2009年9月8日にアップされたひかるさんの画像のと、グーリン色のロゴの一部まで酷似していた。部屋の壁にある縁がピンク色の時計もほぼ同じで、果ては手相まで一致するのではとの書き込みもある。

   こうしたことから、2ちゃんなどでは、本人に間違いないという指摘が出ている。

   所属事務所アミューズでは、こうした指摘を全面否定する。広報担当者の話。

「ヌード写真は、本人はアップしていませんし、赤の他人のを持ってきたもので事実無根です。2ちゃんねるに書き込んだことも画像をアップしたことも、一度もありません。確かに同じスペースに、お仕事のときの写真があるのを見ました。しかし、だれかが勝手に、本人のグラビア写真をスキャンして貼ったものです。それと他人のヌード写真を別に貼って組み合わせたので、ユーザーが誤解してしまったようです」

   本人の画像は、特定はしなかったものの、ヤングジャンプやヤングサンデーなどのティーン誌のグラビアからスキャンしたものではないかとしている。

   ネクタイなどの一致点については、この担当者は、「画像を全部見ていませんので、分かりません」と言う。

   刑事告訴などについては、画像をアップしたユーザーが特定できないので考えていないという。今のところ仕事への影響は出ていないとしているが、心ない行為で、本人は深く傷ついているとしている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中