かゆ うま、もなか、「野生の~」 意味わからないネット用語

印刷

   インターネットの登場によって、新たな言葉が急速に拡大している。そんな中で、gooランキングでは「よく見かけるけど意味がわからないインターネット用語」を取り上げている。このランキング、わかる人はどれほどいるのか。ここまでくると日本語じゃねぇよ――そんな声もある。

「JK」は「女子高生」ではなく「常識的に考えて」

   NTTレゾナントが運営する「gooランキング」は2009年9月14日、「よく見かけるけど意味がわからないインターネット用語ランキング」を発表した。それによると、トップ3には、次第にウィルスに感染される様子をあらわしたものとされる「かゆ うま」、信憑性は高いが本当かどうか分からない話を指す「最中(もなか)」、プロ級の腕を持つ人を称する「野生の~」がランクインしている。

   4位以下には、「やる夫」「JK」「情弱」「スイーツ(笑)」「リア充」「中二病」「wktk」と並んでいる。ネットに精通していない人にとっては、全く何のことなのか意味がわからない言葉だ。ちなみに、「JK」とは「女子高生」のことではなく、「常識的に考えて」のアルファベットの頭文字をとった。ネット掲示板「2ちゃんねる」でよく見かける「スイーツ(笑)」は気取っていることを指し、「リア充」は実生活が充実していることを意味する。「情弱」とは情報弱者のことである。

   このランキングに対して、SNS「mixi」の日記には、「上位に行くほどわからない言葉が多かった」「2位だけしらん」「日本語って本当に難しい」「ここまでくると日本語じゃねぇよ」「意味は分かったけど…どう使えばいいのかわからない」などと約2000件が書き込まれ、話題となった。

「ネットの場合は新語に、すぐ飛びついていく傾向がある」

   ちなみに、gooランキングでは同様の調査を2007年にも行っており、この時には、恐れおののく様子を指しているガクガクブルブルのアルファベットの頭文字をとった「gkbr」、イヤッッホォォォという叫び声を表す「IYH」、加速という意味の「ksk」、詳しくという意味の「kwsk」などがランクされていた。2年前はどうやら、ローマ字に置き換えて表現する使い方が好まれていたようだ。

   若者言葉の研究で知られる、椙山女学園大学・人間関係学部の加藤主税(かとう・ちから)教授は、「ネットの場合は新語に対して、すぐに飛びついていく傾向がある」と話す。若者言葉の場合は従来、狭い仲間内の間だけで使われ、それが次第に広がっていく。仲間内で話すために生み出されていく、といってもおかしくない。仲間意識がもたらされる感覚だ。

   一方、ネット語の場合もそれに似てはいるが、仲間内というには範囲が非常に広い。加藤教授は、「本当はネットのごく一部だけで使われていた言葉だったのが、自然と広がっていくケースもあるだろう」と見ている。

   加藤教授によれば、言葉それ自体の面白さもあるが、「ひょっとしてこの言葉遣いは最新かもしれない。新参者としては見られたくないな」――こんな気持ちがユーザーには働いて、言葉の利用を加速させている、という。なお、ネットの場合は文字数制限があることから、もともとある言葉が短く縮められる傾向があるらしい。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中