金正日・正雲「親子不仲説」 NHK「特ダネ」本当なのか

印刷

   北朝鮮の金正日総書記の三男・正雲氏が後継者として有力視される中、「正雲氏が父親に黙って軍の人事に介入したことに父親が怒り、親子であつれきが起こっている」とNHKが伝えた。これと前後して、北朝鮮のナンバー2が、後継者問題について「現段階では議論されていない」と述べたことから、後継者問題に異変が起きているとの観測も浮上している。実際のところはどうなのか。

「軍部の人事に介入し、これが金総書記の怒りを買った」

   正雲氏をめぐっては、2009年に入ってから、後継者としてその存在が伝えられるようになり、6月には、スイス留学時代の写真も報道された。さらに、09年春ごろからは、後継者を称えたとみられる行進曲「パルコルム(足音)」が平壌で歌われるようになったとされる。歌詞には「我ら金大将の足音 2月の精気 振りまき前へ」という箇所があり、「金大将」が正雲氏、「2月」が金総書紀のことを指すとみられている。

   そんな中、「『パルコルム』が、ほとんど歌われないようになった」と伝えたのが、09年9月23日夕方のNHKニュースだ。情報源は「北朝鮮に詳しい韓国の複数の消息筋」だとされており、「正雲氏が09年7月頃、金総書記に無断で軍部の人事に介入し、これが金総書記の怒りを買った。そのため、金総書記は正雲氏を称える動きを中断するように指示し、『パルコルム』が歌われなくなった」などと伝えている。

   最近の正雲氏の動向を見ると、ナンバー2にあたる金永南・最高人民会議常任委員長は、09年9月10日、共同通信のインタビューに対して、後継者が正雲氏に決まったとの報道について

「まったく事実無根で、ばかげた虚偽報道。後継者問題について、現時点では議論されていない」

と否定してみせたほか、米オバマ大統領は9月20日のCNNテレビとのインタビューで、

「(訪朝した)クリントン元大統領の評価によれば、金総書記は、かなり健康。権力も掌握している」

と発言。後継体制作りを急ぐ必要はなくなったとの見方を示したことから、「親子不仲説」が真実味を帯びてくるとも言えそうだ。

日韓のメディアは正雲氏のポストすら分かっていない

   一方、これとまったく逆の動きも伝えられている。韓国の聯合ニュースは、09年7月頃から、平壌の一般家庭向け有線放送で、正雲氏の実名を挙げて、正雲氏の能力の高さを称える宣伝を行っていると報道。09年7月は、前出のNHKの報道によると、「正雲氏が軍の人事に介入した」とされている時期で、2つの報道は食い違いを見せている形だ。

   コリア・レポートの辺真一編集長は、「親子不仲説」について「韓国サイドから似たような情報が流れていた」としながらも、信憑性については懐疑的な見方だ。

「『パルコルム』が歌われなくなったとのことですが、これは間違いです。8月14日から20日にかけて日本人ジャーナリストが平壌を訪れて、実際に歌われている様子をビデオに収録しています。そもそも、日韓のメディアは、正雲氏が、どんなポストにいるのかすら分かっていません。そんな状況で、26歳の正雲氏が軍の人事を動かせるなんて考えられません。実際、『人事に介入した』と言っても、『誰を、どのポストからどのポストに異動させた』といったことまでは、誰も分かりません」

   では、やはり「後継者は正雲氏」ということで間違いないのだろうか。辺編集長は、

「(後継報道を否定した)金永南氏のインタビューについても、額面通り受け止めるべきではありません。朝鮮労働党が何も言っていない段階で、西側メディアに対して事実を認めるはずがありません。現段階では(後継は正雲氏だということで)『内定』段階でしょうが、正式に決定するまでには、党大会を開くなどの様々な手続きが必要です」

と、正式発表には、もう少し時間がかかるということのようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中