生キャラメルブーム一服? 田中オーナー「花畑牧場」300人離職

印刷

   生キャラメルが爆発的ヒットした「花畑牧場」の様子が最近おかしい。2009年8月31日に札幌工場が閉鎖、派遣社員など300人の雇用が打ち切られ、次の就職先を見つけるのが困難な状態になっている。操業してから僅か1年の閉鎖。「効率化を図るため」という理由だが、生キャラメルブームが一巡し、それが響いたのではないかという見方も出ている。

「業務拡大に伴い業務内容の効率化を図る為」

   花畑牧場の札幌工場は08年7月に操業を開始。大人気の生キャラメルを1日約2万箱製造していた。従業員300人に「契約更新はしない」と伝えられたのは閉鎖の1ヶ月前だった。

「これからどんどん拡大する、と札幌に来たのに、なぜ1年で閉鎖なんだ、という声が出ました」

と札幌のハローワーク担当者は打ち明ける。生キャラメルブームが一巡したのが響いているとも考えられる。実際、生キャラメルのライバルメーカーは2009年春ごろから急に売り上げが失速し始めた、と明かす。

   花畑牧場は札幌工場の閉鎖についてJ-CASTニュースに対し、

「業務拡大に伴い業務内容の効率化を図る為、グループ会社の整理、再編を行っております。その一環として札幌工場を8月末にて一時閉鎖しました」

と説明している。雇用打ち切りについては、

「弊社は、契約の解消に先立ち、契約の相手方である派遣会社に対して、理由を説明し、そのご理解を頂いた上で、契約を解消しました」

としている。

   北海道新聞(09年7月24日)でも、工場閉鎖の理由を、

「今年新設した夕張、十勝の両工場に比べ手狭で、生産工程などが非効率になっていた。札幌工場の製造分は、販売動向を見ながら夕張工場や十勝工場で補う」

と説明している。

「従業員をなぜ守らないのか」と田中社長を非難

   職を失った人達について札幌のハローワークでは、次のように語る。

「こういうご時世ですから、工場が無くなったからすぐに次の仕事、という訳にはいかないのです」

   また、派遣会社アイラインは、

「札幌工場は立地も雇用条件もよかったため、同一の待遇を望まれたとしても、紹介するのが難しい」

といい、情勢は厳しいと強調する。

   ネットには今回の300人の雇用打ち切りについて、「従業員をなぜ守らないのか」といった田中義剛社長を非難する書き込みが多く出ている。

   田中社長の著書「田中義剛の足し算経営革命」にはこう書かれている、

「万が一、キャラメルの人気が落ちてきたら人手を減らすだけでいい」

   今回がそれに当たるかどうかは定かでないが。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中