トヨタ・富士重共同車とホンダ「CR-Z」この時代に小型スポーツカー復活できるのか

印刷

   コンパクトカー、ミニバン、軽自動車、そしてハイブリッド車(HV)。近年の国内市場の売れ筋はこうしたカテゴリーの車種によって占められてきた。それに比べて1990年代まで一定の存在感を示してきたスポーツカー、スポーティーカーの影は薄い。車を生活の道具とみなす人が増え、環境規制のハードルも高まるなかにあって、手頃な価格で買えて走りを楽しめる小型スポーツカーの復活は可能なのだろうか。

往年のスポーツクーペ「CR-X」を彷彿とさせる

   トヨタ自動車とホンダは次世代小型スポーツの市販化に向けて準備を進めている。ホンダの「CR-Z」は2010年、トヨタと富士重工業の共同プロジェクトによる「小型FRスポーツ車」は2011年末頃の発売を予定している。いずれも2008年秋からの世界同時不況を機に、プロジェクトを継続するか中断するかの判断が求められた。それを乗り越え、存続が決まった。それだけライトスポーツカーの復活を両社が重視している現れと見ることができる。

   「CR-Z」は2009年2月に発売し低価格HVの市場を開いた「インサイト」と同じ1モーターのHVユニットを搭載する3ドアクーペで、組み合わせるエンジンはインサイトの1.3リットルに対し1.5リットルと一回り大きい排気量が用意される。世界的に評価された往年のスポーツクーペ「CR-X」を彷彿とさせる新型車でHVスポーツという新たな世界の提示を狙っている。

   駆動方式はフロントエンジン・フロントドライブ(FF)。ボディータイプの制約により販売規模が限られることや、エンジンサイズのアップで「インサイト」より高価になるのは確実だ。車の出来とともにどのように市場にアピールしていくかがポイントになりそうだ。

「カローラレビン/スプリンタートレノ」を現代によみがえらせる試み

   「小型FRスポーツ車」はトヨタと富士重の提携をもとに生まれたアイデアだ。富士重の水平対向エンジン、車台を活用し、2リットル級のフロントエンジン・リアドライブ(FR)のクーペに仕立てる。スバル車の核である水平対向エンジンは重心の低さや左右対称なのが特徴。これまで、世界ラリー選手権でチャンピオンマシンに輝いたスバル「インプレッサ」などの実績を持つが、初めてFRレイアウトの車に使われてどのように生かされるかが注目される。

   トヨタにとっては、いまだに根強い人気を誇る1980年代の「ハチロク」こと「カローラレビン/スプリンタートレノ」を現代によみがえらせる試みになる。

   「CR-X」も「ハチロク」も運転の楽しさを若いドライバーに教える入門車的な存在でありながら素性の良い奥深さを持つ車でもあった。それらの復活版は40代以上のドライバーがノスタルジーで買う可能性が高いと見られるものの、20代を中心とする若いドライバーをどれだけ引きつけられるかが開発側にとって気になる評価項目になっている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中