補正予算見直しと「子ども手当」 福島党首の発言ぶれまくり

印刷

   社民党から入閣した福島瑞穂消費者・少子化担当相の発言がぶれまくっている。補正予算見直しに関する見解が1日で変わり、「削らない」から「決定したわけではない」と前言を翻した。「子ども手当」で所得制限を設けるか否かに関しても、数日で考えを大きく変更している。

1日で「削らない」から「決定したわけではない」

   鳩山首相は閣僚に09年度の補正予算を見直し、執行停止する事業を2009年10月2日までに報告するよう指示。これを受け、福島大臣は2009年9月24日午前、政務三役会議を開催した。自殺対策(100億円)、地方消費者行政強化の基金(110億円)、ドメスティックバイオレンス(DV)対策の支援(1300万円)の3分野を管轄しており、会議の後、

「新政権は命を大事にする政治を実現しようとしているので、基本的に削らない」

と述べ、この3分野に関しては執行停止の対象としとしない方針を表明した。

   しかし、同日夕方に再度三役会議を開いた際は、「決定したわけではない」と述べ、引き続き議論した上で10月2日に結論を出す方針を示した。1日のうちに「削らない」から「決定したわけではない」に転換したわけだ。

党の方針と違うことを打ち出す?

   福島氏の発言は他でもぶれている。「子ども手当」政策に関してだ。

   「子ども手当」は、中学生以下の子どもを対象に、1人あたり月額2万6000円を支給するというもの。年間予算は約5兆円で、民主党は衆院選でこの「子ども手当」を「高速道路無料化」と並ぶ目玉政策として掲げていた。

   民主党案では全ての子ども支給対象にしており、所得制限は設けていない。しかし、福島氏は19日に放送された読売テレビの番組中で、「貴重な財源なので、所得制限を設けるかどうか悩ましい。政権の中で議論していきたい」と発言。21日放送のテレビ朝日の番組でも「社民党は今の段階で所得制限は必要と考えている」と明言し、「所得制限するメリット、しないメリットをしっかり考え、閣僚委員会で協議したい」としていた。

   だが、22日には「手当の性格上、できるだけ全ての子どもを応援する方がいい」と完全に考えを変更。「高額所得者に支給しないことで事務費にお金がかかるのであれば、コストパフォーマンスとしてよくない」と述べている。

   ちなみに、社民党も衆院選時にはマニフェストで『子ども手当』を掲げていた。18歳までの子ども1人当たりに月額1万円(第3子以降は2万円)支給するというもので、マニフェストには所得制限に関しての記述はない。「書いていないので、(所得制限する、しない)どちらともとれますが、(社民党)内部では設けていません」と明かす社民党関係者もいる。もしそうならば、福島氏は党の方針と違うことを打ち出したわけで、「福島氏の暴走」といった声も党内から聞えてくる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中