タイゾー君行方不明なのか? 連載コラム終了、ブログ更新止まる

印刷

   民主党の歴史的大勝でなりを潜めてしまったのが、前回の衆院選で話題をさらった「小泉チルドレン」の面々だ。代表格とも言えるタイゾー君こと杉村太蔵氏についても情報はほとんどない。雑誌の連載コラムも終了、ブログ更新もストップ。彼は何をしているのだろうか。

月額525円の有料サイトを立ち上げていた

   郵政解散を受けて、衆議院総選挙が行われたのは4年前の2005年9月11日だった。大量当選した新人議員は「小泉チルドレン」と呼ばれ、その代表格とも言えたのが杉村氏だった。当選当時26歳だった彼は、若者の問題に取り組みたいと意気込んでいた。ただ、当選の際、「早く料亭に行きたい」「BMWに乗りたい」といった奔放すぎる発言が批判を浴び、謝罪する事態にもなった。

   もっとも、杉村氏は今回の衆院選では、09年6月4日の時点で早々と不出馬を表明し、「いずれひと回りもふた回りも大きくなってこの場に挑戦したい」と語った。杉村氏はその後、衆議院解散の7月21日には一足早く本会議場に乗り込んで、神妙な表情で天井を見上げる様子が報じられた。が、それ以来、メディアに登場することはほとんどなくなってしまった。

   杉村氏は近況を報告する場として、有料サイト「太蔵リポート」を運営している。サイト内に執筆されているブログでは、自身の考え方などが記されている。閲覧するには月額525円がかかる。サイトを立ち上げた時期がはっきりしないが、コピーライトには「2009」と記されていることからすれば、今年に入ってから始まったようだ。

   もっとも、杉村氏はそれより前には、誰でもが閲覧できる形でブログを執筆していたのが、07年9月頃を最後に更新がとだえていた。ネット上でも杉村氏のブログの更新がないことを気にかけている人もいたが結局、このブログはいつの間にか閉鎖され、有料ブログに移行されていた。

「太蔵リポート」はアクセスできない状態

   「太蔵リポート」には09年3月からのブログ記事が保存されているが、記事は09年7月17日に書き込んだ「両院議員懇談会」を話題にしたものが最後だった。6月・7月は、1週間のうちに5~6回を熱心に更新していたのが、今では2か月以上更新されていない。くわえて、運営元への連絡もつながらない状況で、9月29日現在ではサイトにアクセスすることもできなくなってしまった。

   サイトに書かれている連絡先にメールしたが、1週間たっても返事は来ていない。  一方で、総合週刊誌「SPA!」内に掲載されていたコラム「タイゾーの爆弾発言」は9月8日号をもって約3年続いた連載が最終回となっており、杉村氏が意見する場はなくなってしまった。そういうこともあってか、Q&Aサイトには、杉村太蔵氏は今何をしているのか、といった質問がたくさん寄せられてもいる。

   「週刊朝日(10月2日号)」によると、支援者の一人は、杉村氏が後援者に挨拶に来た様子はなく、「何をやっているのか全くわからない」と話している。また、自民党公認として北海道一区から出馬した長谷川岳氏を応援する約束があったにもかかわらず、姿を見せずに、その後も連絡がないという。いずれにしろ、杉村氏の行方はわからないようだ。ただし、地元の北海道では杉村氏が、来夏の参院選では全国比例で出馬するのではないか、という噂もあるらしい。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中