「米ドル円」FX取引が過去最高を記録

印刷

   2009年9月の外国為替市場は、鳩山内閣が誕生して以降、藤井裕久財務相の「円高容認」発言もあって急激な円高米ドル安に見舞われた。市場はいまだ円高基調にあるが、この機に外国為替証拠金(FX)取引が活況を呈した。東京金融取引所の「くりっく365」の売買動向によると、「米ドル円」取引の売買高は前月比44%増の193万5916枚(1枚は1万通貨単位)となり、過去最高を記録した。

1ドル90円を境に殺到

   「くりっく365」の米ドル円取引が6か月ぶりに過去最高を記録した。売買高の193万枚は、09年3月の152万枚を上回った。

   9月25日に1ドル90円を割り込み、終値で89円62銭を付けた。値動きが大きかったため、個人投資家などが格好の投資機会ととらえて取引が進んだようだ。

   「やはり藤井発言の影響が大きいですね。90円を境にして、一気に売買が活発化しました」と、東京金融取引所の関係者は話す。

   活発な「米ドル円」取引のけん引役は個人投資家だ。ひまわり証券のFX担当者は、次のように説明する。

「ここ数か月で、ドル安のトレンドははっきりしています。当面の米ドル見通しも弱く、対円でもその流れに乗っているといえます。そもそも、ドル円はアナリスト情報なども豊富ですし売買しやすいですから、初心者も含めて、取引の多くは米ドル円が占めています。そうしたことが今回のドル円の売買の多さにつながっていると考えています」

米ドルの「弱さ」に注目

   基本的に投資家は「米ドル安」に注目している。それもあって、「くりっく365」の9月の売買動向でも、「ユーロ・米ドル」の売買高は前月比で米ドル円を上回る、53.6%も増えた。

   ひまわり証券も、「豪ドル・米ドル」「ユーロ・米ドル」「英ポンド・米ドル」などの取引が伸びる傾向にあるという。

   半面、円が際立って強いわけではないので、他の通貨とのペア取引数量は伸び悩み。「くりっく365」でみると、「豪ドル円」は8月と比べて18.5%減、「ユーロ円」は11.1%減、「英ポンド円」も8.8%減と軒並み減少した。

   そのため、「くりっく365」全体の売買高は、8月と比べて1.8%しか増えなかった。

   2009年10月2日の米ドル円は89円37~40銭で推移している。今後の展開について、NTTスマートトレードの工藤隆氏は「鳩山政権は円高容認の姿勢ですから、しばらく介入はあり得ないとみられ、円高圧力は続くでしょう。しかし、日本の国内指標から円売り材料が出てきた場合、短期的に反発するリスクを抱えていると思われます」とみている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中