火災保険「取りすぎ防止」で一部保険料値上がりも

印刷

   火災保険で保険料の取りすぎがあった問題への再発防止のため、損害保険会社は2010年1月に、新たに保険料を改定した新商品を投入する。

   火災保険の保険料改定について、東京海上ホールディングスはすでに一部を改訂して対応している商品もあるが、「1月の改訂は大きなものになる」(同社)とし、現在具体的な検討を進めている。

   損害保険料率算出機構によると、今回の改定はこれまで柱や壁などの建築材質を基にしていた審査区分を、「マンション構造」「耐火構造」「非耐火構造」の3つの住宅構造に見直したことで、分類を間違えて保険料を取りすぎるのを防ぐ。ただ、損保各社が保険料率を決める目安にする、同機構が決めた「参考純率」に基づいて新たに保険料を設定すると、一部の保険料が値上がりする可能性がある。

   三井住友海上火災保険は「住宅の区分変更によって値上がりする場合もありますが、たとえばマンション構造などは逆に値下がる場合があります」と説明する。また同社は、1月からの改訂によって保険料が大幅に値上がりするケースには「現行の保険料率を残して対応したい」考えだ。

 
インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中